なでしこジャパン着用の公式スーツがリニューアル、強さと華やかさを表現

写真拡大

 株式会社ワールドは、FIFA女子ワールドカップ連覇を目指す、なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)に提供しているオフィシャルスーツをリニューアルしたことを発表した。

 なでしこジャパンのオフィシャルスーツは、2010年春から同社のキャリアブランド「アンタイトル」で提供しており、大会の遠征移動時や記者会見などの公式セレモニーで着用している。同社は、「今回のオフィシャルスーツは、これまでのグレーからネイビースーツにデザインと素材を一新し、選手の要望に応え、初めてスカートを加えたほか、なでしこをモチーフにした可憐なタイとピンバッジでコーディネート。選手ひとりひとりを採寸し、ワールドグループの国内工場の縫製技術により、美しいシルエットに仕立てた『メード・イン・ジャパン』のスーツは、ピッチの外でも『なでしこジャパン』の強さと華やかさを引き立てます」と、リニューアルのコンセプトを説明している。

 すでになでしこジャパンは同スーツを着用しW杯が開催されるカナダ入りしている。8日に大会初戦となるスイス戦を迎える。