Doctors Me(ドクターズミー)- 授乳中の体調不良、薬を服用しても大丈夫?

写真拡大

時には、お薬に頼ってもOK

授乳中は普段よりも疲れやすくなるので、風邪をひいたり、体調を崩しやすくなることもあるでしょう。そんな時、薬を飲みたくても赤ちゃんへの影響を考えると、服用することをためらってしまいますよね。でも、じつは必ずしもお薬をあきらめる必要はないのです!

授乳中の薬の影響

お母さんが薬を飲むと、ほとんどの薬はその一部が血液を介して母乳に移行しますが、その量は非常に少ないことが分かっています。そして、この非常に少ない移行量が新生児や乳児に影響する可能性は、乳腺組織で濃縮されたり、新生児・乳児体内で蓄積されるなど特殊な場合でない限り、極めて少ないと考えられます。

病気毎、授乳中でも飲める薬!

○風邪の場合
風邪をひいた時によく飲む薬としては、解熱鎮痛剤であるアセトアミノフェン、イブプロフェンがありますが、これらは授乳中にも飲むことができます。

○インフルエンザの場合
インフルエンザにかかってしまっても、抗ウイルス薬であるタミフルもを内服することができます。

○アレルギー性鼻炎の場合
アレルギー性鼻炎に対するクラリチンやアレグラなどの抗ヒスタミン薬も授乳中に飲める薬とされています。

逆に、授乳中に飲めないお薬は、
・抗腫瘍薬
・抗不整脈薬
・放射性の医薬品
…など、比較的特殊な薬が多いのですが、下剤や咳止め薬にも一部注意が必要なタイプがあります。

授乳中に薬を飲む場合の注意点

授乳中に薬を飲む場合は、長くても1週間にし、長期連用は避けましょう。薬自体、100%安全というものではなく、新しい副作用がみつかることもあるからです。

お母さんが薬を飲んでいる間は、授乳中のお子様にいつもと変わったところがないかどうかもよく観察するようにしてください。そして、ドラッグストアで市販薬を購入する場合は、必ず薬剤師に相談しましょう。

まとめ

以上の情報は、出産後の授乳中の方を対象にしたもので、妊娠中の薬の情報とは異なります。
自己判断ではなく、必ず医師と相談して、お薬の使用や中止を決めることが大切です。「授乳中に安全に使用できると思われる薬」の具体的な薬品名のリストが以下のサイトにもありますので、どうぞご活用ください。

独立行政法人・国立成育医療センター ママのためのお薬情報