今季好調な藤本、この試合でも好スタート!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヨネックスレディスゴルフトーナメント 初日◇5日◇ヨネックスカントリークラブ(6,352ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」が新潟県にあるヨネックスカントリークラブを舞台に開幕。初日となった5日(金)、藤本麻子が4バーディ・ノーボギーの“68”でラウンド。4アンダーの3位タイにつけた。
カッコイイ女子プロ、藤本麻子のフォトギャラリー
 「今日はグリーンを一度も外してない」と振り返る今日のラウンド。切れ味鋭いアイアンで前半だけで3つのバーディを重ねていく。さらに、折り返してからパーを並べる展開となったが、最終18番で「良いパットも決まった。気持ちよく終われましたね」とバーディフィニッシュ。終始安定したラウンドで好スタートを切った。
 ここ数試合思うようなプレーができずにもがいた。そこで昨日トラックマン(ゴルフ用弾道計測器)を確認しながらフェースの向きやクラブの入りかたを調整。「フィーリングとがっちり噛み合って良いイメージで練習を終えることができて。今日もその良いイメージでラウンドできた」と入念な修正がノーボギーラウンドに大いに奏功した。
 「今日は100点です。スコアは置いておいても、内容が良く納得のいくプレーができた。今日の手応えを明日からの戦いにつなげていきたい」。今季は総じて好調をキープするも、あと一歩栄冠に届いていない藤本。今日掴んだ自信を胸に、2011年以来の美酒を目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>