謎のAR企業・Magic Leap、ついに始動

写真拡大

グーグルなどから5億4,200万ドルを調達して注目を集めた、独創的なARやVRを手がける新興企業マジックリープが、開発者向けキット(SDK)の事前登録受け付けを開始した。

「謎のAR企業・Magic Leap、ついに始動」の写真・リンク付きの記事はこちら

拡張現実(AR)や仮想現実(VR)を手がける謎の新興企業マジック・リープが、開発者向けキット(SDK)の事前登録受け付けを開始した。SDKは「近いうちに」公開されるという。

マジック・リープはここしばらく、業界の注目を集めてきた。2014年10月、グーグルやクアルコムといった出資者から5億4,200万ドルを調達した(日本語版記事)からだ。

しかし同社はその後、クジラが空を飛んだり、オフィス空間で一人称シューティングゲームが始まったりする、奇妙だが美しい世界を描いた予告編広告(文末に掲載)を出した以外、情報をほとんど何も公開してこなかった。

マジック・リープの世界は、マイクロソフトの「HoloLens」(日本語版記事)と同じく現実世界の上に仮想の世界を重ね合わせるものだが、マイクロソフトがHoloLens発表のときに行ったデモよりはるかにドラマティックに思える。

マジック・リープのロニー・アボヴィッツ最高経営責任者(CEO)は、『MIT Technology Review』誌が6月上旬に主催した「EmTech Digital」カンファレンスにおいて、ようやく同社の詳細を明らかにし始めたほか、開発者向けプログラムとハードウェアの提供開始を発表している

マジック・リープはさらに6月3日、同社のSDKがゲームエンジンの「Unreal」と「Unity」に対応するとツイート。これらのゲームエンジンは数多くのプロジェクトで使われており、とりわけ「Oculus Rift」などの仮想現実プラットフォームの開発で広く利用されている。

(関連記事)オキュラス・リフトで神童パーマー・ラッキーが見る夢

米『Techcrunch』は、アボヴィッツCEOが「われわれは研究・開発の段階を過ぎ、実際の製品導入への移行時期に入っている」と語ったと報じている

TAG

ARHoloLensMagicLeapVideoVRWIRED UK