5位に浮上も冴えない池田、決勝Rでは晴れやかな顔になるか?(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 2日目◇5日◇宍戸ヒルズカントリークラブ(7,326ヤード・パー71)>
 初日17位タイから5位タイ浮上も池田勇太の顔は冴えない。14番、15番で連続バーディを奪い、トータル3アンダーで迎えた上がり3ホール。16番でバーディチャンスを逸し、最難関の17番は「途中までは入ったかな〜と思ったんだけどね」というキワどいパーパットを外し、1つスコアを落とす。初日にボギーだった18番も2m強のバーディパットを沈めることができなかった。
国内男子ツアーはフォトギャラリーで振り返る!
 「最後も打ちきれなくて…。今日のゴルフの象徴でしょうね」と表情が晴れない池田。だが「先週のほうがショットの調子が良かった。今週は“フツー”のなかで、このコースセッティングのなか、よく耐えていますよ」とアプローチで凌げていることは好要因だという。
 「(ショットやアプローチの流れが)結びついていけばいいんでしょうが、これがゴルフですね」と、開幕からずっと“しっくりこない”状況が続いており、5試合で予選落ち2回、最高順位が『中日クラウンズ』の26位タイと結果を残せていないが、厳しいセッティングになればなるほど燃える男は、静かに闘志を燃やす。
 『ツアー選手権』は「思い入れはない」と話したが、考えているうちに「はじめて初優勝“しそうだった”大会(単独首位で最終日を迎えた2009年)。あ〜、(藤本)佳則が勝ったとき(2012年)も優勝争いしたなぁ」と、結果の良い年を思い起こしていた。
 「アクシデントが1つあると落ちていく。執念深く戦った人間が勝つコースですから」と気を引き締める池田。『日本プロ』『日本オープン』に続く日本タイトル獲得の可能性は?「すべては明日次第だね」。
<ゴルフ情報ALBA.Net>