【嵐】俳優・相葉雅紀の底力とは?『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』の監督が力説

写真拡大

人気アイドル・グループ「嵐」の5人の中で、いちばんどこにでもいそうな好青年という印象ながら、その“普通さ”を自身のキャラクターとしてしっかり確立させている相葉雅紀。

【レシピ】嵐の相葉ちゃんも食べている! ドラマ『ようこそ、わが家へ』のアイデア料理を“簡単アレンジ”してみた

現在放送中のフジテレビ“月9”「ようこそ、わが家へ」でもストーカーの襲撃から一家を守る長男を等身大で演じている彼は、極めて“普通”なのに、なぜあんなに魅力的で存在感があるのだろう? 役者としてはどんな能力を秘めているのだろう?

そんな誰もが見過ごしてしまいそうな相葉雅紀の魅力、役者としてのスゴさを、DVDとブルーレイがリリースされたばかりの彼の主演映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』でメガホンをとった犬童一心監督(『ジョゼと虎と魚たち』『のぼうの城』)に教えてもらいました。

正直な人を相葉くんが演じたとき、そのまま信じてもらえるような気がした

犬童監督が相葉雅紀と仕事をしたのは、07年の嵐の主演映画『黄色い涙』以来のこと。

「そのときの役柄が相葉くんとすごく合っていたし、それを見て、この人なら他の俳優さんと競合しない役を演じられるんじゃないかなと漠然と思ったんです。すごく正直な人間というんですかね? 裏表がない人間というか、そういう人を演じたときに、彼はそのまま信じてもらえるような気がしたんです」

『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』は、山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」をモチーフにした中村航の人気小説の映画化。

ここで相葉が演じたのは、漫画家になる夢を諦められずに、書店員として働く主人公の光。彼は偶然出会った世界的な照明アーティスト、ソヨン(ハン・ヒョジュ)にひと目惚れし、彼女のことを運命の人だと思い込む。

でも、やがてソヨンには光の大学時代の同級生で、いまは売れっ子漫画家の北山(生田斗真)という恋人がいることを知る。一方、光の片想いを応援する幼馴染みの杏奈(榮倉奈々)は、子供のころからずっと一緒だった彼に特別な想いを抱いていた。そんな彼らのすれ違う恋に、クリスマス・イブの夜、光にしか見えない相棒のデビクロくんが魔法をかけて、素敵な奇跡が舞い降りるのだが……。

この設定を聞いて、犬童監督は7年前に思った自身のイメージと重ねて相葉にピッタリの役だと思ったという。

「彼、クリスマス・イブが誕生日だし(笑)、出てきただけで、セリフで説明しなくても、さっき言った“正直な人”と思える。光は『スミス、都へ行く』(39)でジェームズ・スチュアートが演じたような鈍感だけど、正直で情熱家だから複雑な出来事を一点突破してしまえる男。普通の役者が、そんな子供のまま大人になったような人物を演じてもリアリティが感じられないけれど、相葉くんなら観る人も普通に受け入れることができる。しかも彼は明るくて可愛いから、冴えない男にはならない。そこが相葉くんの魅力ですね」

彼にダークサイドがないとは思っていない

それは相葉雅紀が本来持っているパーソナルな魅力なのか? それとも彼がそういうスタンスで役に臨んだのだろうか?

「もともと持っているものでしょうね。でも、僕も彼にダークサイドがないとは思ってないですよ。一度、そういう話をしたときに『僕は家に帰ってから怒っています』みたいなことを言っていたし(笑)、別にそれを隠そうしているわけじゃない。普段から、別に無理して“いい人”を装っているわけでもないんですよね」

犬童監督は、相葉の役者としてのポテンシャルの高さも評価する。

「彼は今回、撮影に入る前に『監督に言われたことをそのまま一生懸命やる』って言っていましたね。あまり気づかないかもしれないけれど、彼が演じた光は実はほかの3人の思いをずっと聞いているだけで、自分の感情を吐露するシーンはひとつもないんです。相葉くんも『みんなの芝居を一生懸命受けている。言われている気持ちになって、そこにいるようにしている』と言っていました。だから、リアクションをしているときの彼の表情がすごくいい。相葉くんが一生懸命聞いてくれるから、ほかの3人も情緒的だったり、感情的な演技がしやすかったと思います」

しかも、そのリアクションもただ受けるのではなく、多くの人が気づかないコンマ数ミリのレベルと精度で、対峙する相手に合わせたり、変えているという。

「生田くんとの芝居のときに、僕はそれに気づきました。生田くんの芝居にはある種のリアリズムがあって、キャラクター重視のものとはちょっと質が違う。そんな生田くんと芝居をすると、相葉くんの芝居もその質のリアクションや表情、間になる。それが、榮倉さんが相手だと彼女の芝居に対する顔になるし、ヒョジュさんが相手のときは彼女の演技のリアクションになる。相葉くんは『相手が話していることをすごく真剣に聞くようにしていた』と言っていましたけど、生田くんとのシーンは特にそのあたりを注意して相葉くんのリアクションや芝居を見ると面白いですよ。普通はどうしても感情を吐露している生田くんの方を見てしまうけど、相葉くんが一生懸命リアクションしているのを彼のファンの人には特にしっかり見てもらいたいですね」

「彼は昔と違って集中力が一気に増しているし、芝居がブレない」と続ける。

「だから、役を自分のものにするのに時間がかからないし、役が一度入るとその後はまったくブレないので、すぐに本番に入れる。嵐として場数を、本番をいっぱい踏んで、そういう集中力を一気に高められる身体になったんでしょうね」

相葉のコメディ・センスも絶賛!

そんな相葉の何気ない言動が最も活きているのが、空港での榮倉とのクライマックスのシーンだ。

「榮倉さんも『のぼうの城』(12)のときより格段に上手くなっていたし、ふたりともちゃんと感情が伴った演技をしてくれる。あの空港の彼女の手に文字を書いて、キスして…というくだりもふたりが魅力的だったし、彼らの2ショットだけで説得力があったから、切り返しの画を撮らなくてもいいなって素直に思えたんです。僕がいちばん好きなシーンですね」

さらに犬童監督は、相葉のコメディ・センスも絶賛する。

「ヒョジュさんとの居酒屋のシーンが象徴的ですよね。あそこは最初はもっと普通のシーンだったんだけど、ヒョジュさんが『韓国語のピゥルギ(鳩)の意味を鳩の動きで説明すると面白いし、短い時間でふたりの距離が近づくのが表現できるんじゃないですか?』って言い出して、ああいうシチュエーション・コメディの形になった。光が韓国語の辞書を持っているという設定は最初からあったけど、あの辞書を見ながらのコミカルなやりとりは、相葉くんが始めたふたりのアドリブ。ヒョジュさんも上手かったけど、相葉くんがすごく自然にコメディ・センスを発揮していたなと思います」

すごく高度なことを、ごくごく自然に、当たり前のことのようにやってしまうから、多くの人はそれに気づかない。その、これ見よがしじゃない、いかにも芝居をしていますよ! といったものとは真逆の表現ができ、存在自体に説得力があるところが相葉雅紀のスゴさなのだ。

「だから、僕は相葉くんで『エリン・ブロコビッチ』(00)みたいな映画を作りたいんですよ。あの映画は、シングルマザーの主人公がちょっと変わった弁護士と一緒に大企業が引き起こした水質汚染問題を闘い、勝訴する姿をコメディタッチで描いていて、ヒロインの思い込みと正直さが一点を突破してしまうところがありますよね。ああいった主人公の思い込みや正直さに周りの人たちがついてきて、一点突破してしまうような話を相葉くんでやりたいんです。相葉くんなら、みんながついていこうかな?って思えるキャラクターができそうな気がするんですよ」

相葉雅紀に関する克明な分析を聞いた後だけに、犬童監督が最後に語った“未来の映画”に主演している彼の姿もはっきり目に浮かぶ。『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』を劇場公開時に観ている人も観ていない人も、ブルーレイやDVDで観て、それを可能にできる相葉雅紀の底力を再認識して欲しい。

『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』 Blu-ray&DVD 発売中
Blu-ray 愛蔵版 【初回限定生産3枚組】 ¥7,700+ 税
DVD   愛蔵版 【初回限定生産3枚組】 ¥6,800+ 税
※ Blu-ray&DVD 通常版も発売中。
©2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 ©2013中村航/小学館   
発売元:アスミック・エース/ジェイ・ストーム 販売元:東宝