佐藤健出演のカップヌードル新CMが説明しづらい程カオス

写真拡大

あ…ありのまま今見た事を話すぜ!

「俳優の佐藤健がカップヌードル食べた瞬間に宇宙に飛んでいったと思ったら、巨大ロボットと合体。そしていつの間にか一人戦隊(一人で五役)に変身し、次の瞬間ロボットの腕から飛び出たと思ったら、麺の波にのってフォークでサーフィン。さらには、人面馬になって疾走したり、車になってサーキットを疾走したりするCMが公開されたんだ。」

【関連:『デンマーク軍』のチキンカレーはカップヌードルカレー味?】

カップヌードル新テレビCM『ウマい篇(15秒、30秒)』

な…何を言っているのかわからねーと思うが、記事にするにはとにかく説明しづらいCMなんだ。文字表現の限界を感じさせられたよ…。頭がどうにかなりそうだった…。

カップヌードル新テレビCM『ウマい篇(15秒、30秒)』
カップヌードル新テレビCM『ウマい篇(15秒、30秒)』
カップヌードル新テレビCM『ウマい篇(15秒、30秒)』
カップヌードル新テレビCM『ウマい篇(15秒、30秒)』
カップヌードル新テレビCM『ウマい篇(15秒、30秒)』

6月5日に全国オンエアされたカップヌードル新CMが、こんな感じでとてつもなくカオスなものになっています。

公式によると新CMの演出意図は、『カップヌードルを食べた時の「ウマい!」というシンプルかつ何気ないリアクションを、未だかつて見たことのない斬新な映像と、これ以上ないほど熱く、ホットな世界観で表現しました。』という事なのですが、「ウマさ」を体現することにかけては世界一と囁かれる、アニメ『ミスター味っ子』の味皇※もビックリなオーバーアクション満載になっています。
※美味しいと思ったら口からビーム出したりする異端キャラ。

出演する佐藤健さんはこのCMで17キャラクターに変身。そしてCM自体が30秒・35カットも撮影されたそうです。そりゃそんだけの量30秒に詰め込めばカオスになるさ。

ちなみに撮影前に監督から佐藤さんに対し「バカバカしいことを、とにかく熱く演じることがテーマ」と指示があり、作品メッセージも「STAY HOT いいぞ、もっとやれ。」と悪のりする気まんまん。

でもCM自体は、CGと実写を融合し、ワイヤーアクションも駆使した本格的なものになっています。さらに、アクション指導を担当したのは、映画『るろうに剣心』でも佐藤さんとコンビを組んだアクション監督の谷垣健治氏と豪華。バカバカしいことに大人達がよってたかって全力投球で挑むって、ある意味清々しい!

新テレビCM『ウマい篇15秒、30秒』(https://youtu.be/4g9Nm67qz7w)は6月5日から全国オンエア。同時にYouTubeでも配信されていますよ。