新幹線E6系ベースの変形ロボデビュー!

写真拡大

ジェイアール東日本企画と小学館集英社プロダクション、タカラトミーは2015年3月に発表した3車原案キャラクターコンテンツ「新幹線変形ロボ シンカリオン」で、すでに公開している「E5はやぶさ」につづきこのほど「E6(イーシックス)こまち」を公開した。

JR東日本の新幹線E6系をベースに開発された。「E5はやぶさ」と「E6こまち」は、"秘密設定"があり、胴部と脚部を入れ替えることができ、連結や合体が楽しめる。

「シンカリオンE6こまち」は、6月18日に東京・有明の東京ビッグサイトで開催される「東京おもちゃショー2015」のタカラトミーブースに登場する。高さ3メートル超のE5はやぶさ頭部造形や、E6こまちのスタチューを参考出品。また、夏に発売予定の鉄道玩具プラレール「新幹線変形ロボ シンカリオン」シリーズの展示も行う。

プラレールの価格は各4000円(税別)。