ハイドロスライダー

写真拡大

さまざまな体験アトラクションを集めた夏季限定の大型テーマパーク「UGOKAS」(ウゴカス)が、7月18日(土)から8月31日(月)にかけて東京・豊洲に期間限定オープンする。

【全長120m高速スライダーが登場! 夏季限定テーマパーク「UGOKAS」の画像・動画をすべて見る】

本テーマパークでは、アメリカで話題となった大型アトラクションのハイドロスライダーや、高さ130mを滑空するジップラインをはじめとした、スリル満点のアトラクションが多数用意されている。

チケットは現在、ローソンチケットにて前売り券が発売中。

スリル満点のアトラクションが満載!


UGOKASイメージ図

UGOKASイメージ図



ウゴカスで一番の目玉となるのは、アメリカでも大きな話題を呼んだハイドロスライダー。

ハイドロプレーニング現象と呼ばれる、車のタイヤと路面の間に水が入り込んで止まることもコントロールすることもできなくなる現象を活用し、ぶっ飛ぶように滑走することができる。全長120mの爽快感あふれるウォータースライダーだ。




そのほか、こちらもアメリカから上陸したばかりの、6mの高さのジャンプ台から命綱なしでエアバックに向かって飛び降りるゼロショック

天空130mに張られたワイヤーロープをハーネス付きの滑車で滑空するジップラインといった大型アトラクションが数多く立ち並ぶという。

巨大な壁に落書きできるキッズアートボードなどの子供向けアトラクションもあるので、世代を問わず楽しむことの出来るテーマパークとなりそうだ。