きもの通勤に対応した着付けノウハウをサポート!

写真拡大

和服の普及に関するさまざま事業を行っている日本和装(東京都千代田区)は、NPO法人「和服を世界遺産にするための全国会議」と共同で、着付け・着こなしのノウハウを関連サイトで2015年6月中旬ごろの予定で公開する。

経済産業省が「きものの日」の導入を検討するなど、きもでの通勤ができる雰囲気づくりを目指す方針を打ち出したことを受け、通勤や仕事の間に着くずれしない着付け法をサポートしようというもの。

28年間で17万人の卒業生を送り出した着付け教室運営で蓄積してきた、手早く、着くずれしない着付け法や、ビジネスシーンにふさわしいコーディネートなどを提案。また、同グループの男きもの専門店「SAMURAI(サムライ)」とも協力し、性別を問わない和装を広めていく方針。