三辺狭額縁の「EDGEST」デザイン

写真拡大

au(KDDI)は、シャープ製のスマートフォン(スマホ)「AQUOS SERIE(アクオス・セリエ) SHV32」を2015年6月中旬に発売する。価格は未定。

210枚/秒の高速撮影によるスーパースロー再生が可能 エモパーも進化

ディスプレイはフルHD(1920×1080ドット)5.0型IGZO液晶と新開発のバックライト&カラーフィルター「S-PureLED」を搭載。これまで表現が難しかった微妙な色味も美しく表示できるという。三辺が狭額縁の「EDGEST」デザインを採用。アプリごとに最適な画質に自動で切り替わる「おススメ画質モード」を新搭載。

カメラ機能は854×480ドットの解像度なら毎秒210枚のハイスピード撮影に対応。映画のアクションシーンのようなスーパースロー撮影ができる。フレーム補間技術で1秒間を2100枚に変換し、通常の1/70のスピードでスーパースロー再生も可能だ。

スマホが語りかける「エモパー」はバージョン2.0に進化。従来は自宅のみ利用可能だったが、イヤホン使用で外出先でも利用できる。いつも降りる駅や、知らない街でご当地情報などを教えてくれる。

バッテリー容量は2600mAh。Bluetooth 4.1、おサイフケータイ、ワンセグ・フルセグ、防水などに対応。カラーはホワイト、グリーン、ピンクの3色。