Doctors Me(ドクターズミー)- ○○は控えるべき? 生理中の胃痛の【原因&対処法】は?

写真拡大

生理中に生理痛とともに、胃痛や吐き気が同時に起きてつらいということはないですか? ただでさえつらいのに、さらに憂鬱な気分になってしまいますよね。 しかし、どうして、生理中に胃痛が起きてしまうかご存知でしょうか。

今回は、この生理中に胃痛が起きる原因と対処法をご紹介します。

■ 生理中の胃痛はプロスタグラジンの分泌量が過剰なため?

生理が始まるときは、経血を排出するために「プロスタグラジン」というホルモンが分泌されます。プロスタグランジンは、子宮を収縮させ、子宮内膜がはがれるときの出血(経血)をスムーズに体外に出すことに一役買っている物質です。

プロスタグランジンが過剰に分泌されると、陣痛のような痛みが生じます。 これが、生理痛ですね。また、この物質は痛みを強めるなどの作用もあります。子宮のまわりにある臓器にも影響を与えて、下腹部に重さを感じたり、胃に強い痛みを感じるのです。

多くの場合は下腹部の重さやだるさを感じるほどですが、もし、生理のたびにひどい胃痛に悩まされたり吐き気を感じる人は、プロスタグランジンの分泌量が過剰である可能性があります。

■ 薬&ピルで痛みを軽減できる!

では、どうしたら、生理痛と胃痛の同時アタックを少しでも和らげることができるのでしょうか?

プロスタグランジンの働きを抑える薬、というものがあります。非ステロイド性炎症薬(イブプロフェン、アスピリンなど)、という薬になり、これらを使うことで、痛みをコントロールすることができます。市販の鎮痛薬として、ドラッグストア、薬局なでも、手に入ります。

ただし、鎮痛薬によっては、反対に胃の壁を荒らしてしまい、胃の痛みを引き起こすことがあります。薬剤師にきちんと相談し、購入しましょう。

また、低容量ピルを服用することで子宮内膜の増殖を抑え、これによりプロスタグランジンの分泌量を減らすことができます。低用量ピルは、医師の処方箋が必要になりますので、産婦人科でご相談されてください。

■ 医師からのアドバイス

また、薬を服用する以外の対処法もあります。動物性食品に含まれる飽和脂肪酸をとりすぎると、プロスタグランジンが多く作られるため、 胃の痛みがひどいときは、肉、卵、乳製品など、飽和脂肪酸を多く含む食品を控えるようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)