『亜人』ティザービジュアル/(C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会

写真拡大

桜井画門さん原作のバトル・サバイブ・サスペンス漫画『亜人』が、劇場アニメ3部作化することが明らかになった。同時に公式Webサイトが開設され、ティザービジュアルと特報第1弾映像、スタッフ情報が公開された。

【『亜人』3部作で劇場アニメ化決定 制作はポリゴンピクチュアズの画像・動画をすべて見る】

総監督は、『シドニアの騎士 第九惑星戦役』で監督をつとめた瀬下寛之さんが、監督は、『鉄コン筋クリート』の演出などで知られる安藤裕章さんがつとめる。

アニメーション制作を手がけるのは、「シドニアの騎士」シリーズで新技術を駆使し、世界的に高い評価を得たポリゴン・ピクチュアズ。また、「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズや「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズなどの劇伴を手がける菅野祐悟さんが音楽を担当する。



衝撃のバトルアクション漫画が劇場アニメ化


AJIN_logo


『亜人』は、2012年より講談社の漫画雑誌『good!アフタヌーン』で連載中の漫画。

ある日、交通事故で死んでしまった高校生・永井圭は、不死の新人類「亜人」となって蘇る。そんな亜人たちを捕獲するべく追い続ける、日本国政府との熾烈な戦いが描かれる。

本格的なアクションと緻密な心理描写で多くの読者の注目を浴び、累計発行部数は320万部を突破。その最新巻6巻の発売に合わせて、劇場アニメ化が発表される運びとなった。

まだキャストなどの詳しい情報は発表されていないが、続報を待ちたい。