Doctors Me(ドクターズミー)- 出産後、女性の体はどのくらいから子どもを作ることができるの?

写真拡大

体の声を聞きながら、計画的に

出産後、「すぐに次の子どもがほしい!」という人いれば、「この子に専念したいから次の子どもはしばらくいい……」と考える人もいるかと思います。

妊娠中は赤ちゃんが子宮の中にいて排卵が起こらないため、生理は止まっていますが、出産後もしばらくは生理が止まった状態が続きます。特に、母乳育児をされている場合は、乳汁分泌を行う働きのあるプロラクチンというホルモンによって、エストロゲンの分泌が抑えられています。これによって排卵も止まり、生理はしばらく来ない状態となるのです。これは、「おっぱいをあげなければいけない小さな赤ちゃんがいるから、次の妊娠はまだ待って!」という体の声。

1日5回以上、1回10分以上の授乳をしていると、プロラクチンの分泌が増えて排卵が抑えられると言われています。プロラクチンの分泌は夜に増えますので、夜間授乳をしているお母さんでは、生理の再開が遅くなりやすくなります。人工乳で育てたり、卒乳したりすると、体が次の妊娠に向けて準備をするため、生理が再開します。

生理は産後8カ月ほどで再開

さて、産後にどのくらい生理が止まっているかは、とても個人差が大きいのですが、産後8カ月で約80%の人が生理を再開しているというデータがあります。

しかし、母乳育児をしていても1カ月ほどで再開する人もいますし、1年以上(場合によっては数年間)生理が止まっているというケースも。そこには個人差があり、とくに最初の生理は不安定になりやすく、排卵日を予測するのが難しいともいえます。

特に、産後はじめての排卵がいつ起こるかは予測が難しいため、産後生理が再開しないうちに次の赤ちゃんを妊娠した、という人もいます。まだ次の妊娠は考えていない場合には、産後のセックスをする際に必ず避妊をしましょう。