世界のメディア消費は「1日8時間」以上:調査結果

写真拡大

65カ国のメディア消費パターンに関する調査結果によると、世界の1日の平均メディア消費時間は8時間以上で、英国では10時間を超えている。特に、「モバイル上でのネット消費」が増加しているという。

「世界のメディア消費は「1日8時間」以上:調査結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

マーケティングコンサルタントのZenithOptimedia社がまとめた、65カ国のメディア消費パターンの変化に関するレポートによれば、英国人は現在、平均1日に10時間をメディア消費に当てている。これは、世界全体の平均と比べて20パーセント高い。

英国におけるメディア消費を牽引しているのが、インターネットだ。英国での「インターネットの1日の消費時間」は、2015年には前年と比べて15分増加するとみられている。この傾向は強まる一方であり、2017年までに、1日当たりの消費時間はさらに35分増えると予測されている。

世界全体でも同様の傾向がみられている。65カ国のデータ全体を見ると、1日のメディア消費時間の平均は現在、8時間を超えている(最も多いのはラテンアメリカで744分。最も少ないのはアジア太平洋地域で301分)。

こうしたインターネットの利用時間が増えているのは、モバイルの普及率が増加しているからだ。「モバイル技術は、メディアを消費する新たな手段を創造しました。外出先で、通勤途上で、買い物中に、友達を待っている間にと、さまざまなときにネットにアクセスする機会が生まれたのです」と、ZenithOptimedia社は述べている。

(関連記事)なぜ人は新しい情報を欲するのか:「情報中毒」と「好奇心のパラドックス」

新聞、テレビは?

一方、2010年から2014年にかけて、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、映画の人気は着実に衰えた。最も苦しんだのは新聞で、読者数が世界で25パーセント以上減少している。

テレビの人気もやや下がり、視聴時間が6パーセント減少。しかし世界的には依然として最も人気のあるメディアであり、2017年になってもメディア消費全体の1/3以上を占めるとみられている。

英国でも、最も人気の高いメディアは引き続きテレビだ。2015年の予測では、テレビの1日の平均消費時間は204分と、インターネットの142分よりも長い。

TAG

MediaConsumptionResearchWIRED UK