小平智、思い出の大会で再び好発進!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 初日◇4日◇宍戸ヒルズカントリークラブ(7,326ヤード・パー72)>
 一昨年の『日本ゴルフツアー選手権』覇者・小平智、ディフェンディングチャンピオンの竹谷佳孝。同大会で初優勝を手に入れた二人が、揃って初日2アンダーと、上々の滑り出しを見せた。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 『日本プロゴルフ選手権』以降の3試合ぶりに出場となった小平。首の張りによる『関西オープン』の欠場後、翌月曜の36ホールにおよぶ全米オープン予選会出場で無理がたたり、『ミズノオープン』にも出れず。今週も火曜の練習日も休養にあて、昨日のプロアマ戦後に出場を決めた。
 満身創痍のなかでのプレーだったが、「休み明けにしては上出来。上がり3ホールは完璧」。“ダメ元”ですべて「グリーンセンターでいいや」という気負いないプレーが功を奏した。「痛いのはダウンスイングで、インパクトを強くすると…」と状態が上向きになっているわけではないが、「基本6割ショットで、振った時で9割かな、平均280ヤードくらいですかね」と今の状態でのショットコントロールはできている。
 優勝した2013年は「イケイケで、こんなピンポジでよく攻めれた。(それが分かるようになっただけ)成長したんだな」と振り返った小平。今大会はケガの影響により、ガツン!と飛ばす持ち前のプレースタイルではなく、“大人なゴルフ”となっているが、「もし(優勝時と)同じ状況になったら、イケイケかもしれませんけどね」と笑顔を見せた。
 一方、もともと耐え凌ぐ大人なゴルフが信条の竹谷は「生命線であるアプローチとパターで凌げたかな」と“いつも通りのプレー”で結果を出した。だが、毎ホール気を張らなければいけないコースだけに「“パス”って言いたいホールばっかり。覚悟を決めて打つという意味では1年で一番キツイ試合ですね」と、やはり心労は溜まる模様。
 “明日以降さらにタフになれば有利?”と問われると、「(タフになって)うれしい人なんていますか(笑)」と、少し苦笑い。だが「今日のようなゴルフを続けていけばチャンスはあるかなと思います」と気負いのない目で話した。
 コースセッティングが以前とは異なるものの、直近で成功体験を持つ2人。誰が上がるか、下がるかわからない同大会でもやはり優勝候補だといえるだろう。
<ゴルフ情報ALBA.Net>