石鹸や洗剤などに含まれて良く耳にする「合成界面活性剤」。この成分が含まれる合成洗剤は健康ばかりでなく環境にも良くない影響を与えると言われて問題になっています。ここでは合成界面活性剤がどんなものか、その安全性について検証してみましょう。

界面活性剤とは?

石鹸は「界面活性剤」の1種です。「界面」は「表面」のことで、性質が違う2つの物質の表面を指します。表面張力を小さくして、もともと混じり合うことがない物質同士を混ぜ合わせる物質が界面活性剤。水に対しては、石鹸・油・アルコールなどが界面活性剤となります。この性質を利用して油の汚れを落としたり、水と油を混ぜて口紅・ファンデーション・クリームなどの化粧品が作られたりしています。大豆サポニン、卵黄に含まれるレシチンは天然の界面活性剤です。アイスクリームやマヨネーズに使用されており安全性に問題はありません。

なぜ合成界面活性剤が問題なの?

食器洗い洗剤だけでなく、ボディソープ、シャンプー、トリートメント、など洗浄に関わる製品には当たり前のように合成界面活性剤が使われています。汚れをとるほかに、泡立ちをよくする、しっとりとした使用感を出す、むらなく皮膚に塗ることができる、などの働きがあります。特に安全性が問題にされるのは石油系の材料ラウレス硫酸Naなどで作られる合成界面活性剤です。合成界面活性剤はもともと混じり合わないものを混ぜ合わせる性質から、皮膚や血液などにも入り、人間の体のたんぱく質を壊すのです。解毒作用のある肝臓や腎臓でも分解されず、細胞を破壊して肝硬変や腎不全を起こすことがあるといわれるのです。また、花粉症やアトピー性皮膚炎など肌のトラブルを起こすこともあるとされます。さらに、合成界面活性剤は水で洗い流しても分解されず水道から川や海へと排出されて、海の生物を汚染して環境破壊の原因となることも指摘されています。

もしあなたが家事などで手荒れが長引いている、頭皮や肌トラブルが長引いているということであれば使用している家中の洗剤類を見直すのはひとつかもしれません。肌ばかりか環境にも悪影響のある合成界面活性剤。商品表示を良く見て、合成界面活性剤が含まれるものは、できるだけ使用を避けるようにしたいですね。


writer:松尾真佐代