写真提供:マイナビニュース

写真拡大

タカラトミーは4日、NTTドコモと共同開発した次世代コミュニケーショントイ『OHaNAS(オハナス)』を、10月1日に発売することを発表した。価格は1万9,800円(税別)。

『オハナス』は、タカラトミーのエンターテイメントロボット『Omnibot』シリーズの最新作で、人とロボットが自然な会話を楽しめる「自然対話プラットフォーム」を活用したBluetooth搭載のロボットトイ。ドコモが提供する「しゃべってコンシェル」の仕組みに、文章正規化(言い回しの対応)や、シナリオ対話(ストーリー性のある流れる対話)、外部コンテンツとの連携(天気サイトなどの外部情報)といった機能を組み込むことで、自然な会話を実現しているという。

本体は、丸みを帯びたひつじがモチーフのデザイン。そして、なでると喜んだりする「タッチセンサ」や、ゆれを検知する「ゆらゆらセンサ」、聞いている・待っているなどの状態を8色の色で知らせるLEDランプが搭載されている。また、Bluetoothも導入されていることから、端末に保存してある音楽をスピーカー代わりに再生することも可能。そのほか、耳とへそには、リボンなどのアクセサリをつけることもでき、動物のペット同様、オシャレさせることもできる。

会話を楽しむには、スマートフォンやタブレットなどの端末が必要で、無料の専用アプリをダウンロードし、端末とペアリングを行う。その後『オハナス』の頭をなでて、目のLEDランプが青色になれば、会話が楽しめるようになる。発表会では、MCが「何かお話して」と問いかけると、オハナスがそれに応え「じゃあ、質問するね。ミカさん(MCの名前)は犬派? 猫派?」と質問。MCが「猫かな」と答えると、「ミカさんは自由気ままなんですね」と分析し、自然な会話を楽しんでいた。他にも「しりとり」や「うた」、「なぞなぞ」「占い」「しりとり」といった言葉遊びも得意。『オハナス』に「北海道」というお題を出すと、その場で「雨上がり 光り輝く 北海道」という俳句を詠み上げ、来場者を驚かせていた。

発表会に登壇したタカラトミー代表取締役副社長兼COOのH.G.メイ氏は「『オハナス』は、生活の一部となって、生活の中で役立つオモチャ。インターネットに繋がることで、ネット上の情報や知識をオハナスに読み出せるので、エンドレスに成長する可能性を秘めています」と商品をアピールしていた。

(C)TOMY

(担当ぱぴい)