新『マッドマックス』、VFX制作の「裏側」ヴィデオ

写真拡大

撮影方法やスタントで注目を集めがちな『マッドマックス 怒りのデス・ロード』であるが、実はVFX(ヴィジュアル・エフェクト)も数多く使われている。制作プロセスを動画で紹介。

マッドマックス 怒りのデス・ロード(日本語版記事)』は、ナミビアで行われた「リアルでの撮影」と、スタントに重点を置いたことで注目を集めているとはいえ、驚くほど多くのVFX(ヴィジュアル・エフェクト)も使われている。

「新『マッドマックス』、VFX制作の「裏側」ヴィデオ」の写真・リンク付きの記事はこちら

いくつかは典型的なCGIだが(砂漠を支配する「イモータン・ジョー」の砦である「シタデル」など)、VFXショットは予想外に多い。超自然的に空に色が満ちていく様子や、夜の場面がとにかく素晴らしいところまで、制作プロセスを紹介する冒頭の動画で確認してほしい。

TAG

MadMaxMovieVideoWIRED US