Engadget 例大祭: ヴィンテージにガジェTまで。十人十色なライトニングガジェットトーク #egfes

写真拡大

5月30日、Engadget 例大祭で第3回を迎えたライトニングガジェットトーク。今回は10名のプレゼンテーターをお迎えしての開催となりました。過去の迷作にはじまり、まだ発売されていない最新作、コレクターの本気を魅せてくれる品まで、まさに十人十色な演目の数々に会場はフットー気味。3人の審査員のツッコミも鋭く、いずれも味とオチのあるプレゼンぞろいでした。

では実際にどのようなアイテムの自慢大会がなされたのでしょうか。ここで振り返ってみましょう。※記事末に当日の動画を張り付けています。ご興味ある人はそちらもどうぞ。

一番打者:バッファロー浜岡様
演目:スマートウォッチLunatik

2010年、Kickstarterで資金を調達、支援者数1万3512人、支援総額94万2578ドルも集めたiPod nano 6thベースのスマートウォッチです。駆動時間は最大24時間とApple Watchを超えていますが、音楽再生時間は約2時間、ランニングアシスタント使用時間も約2時間、防水性能は一切なく"汗をかくと「水没」"するというビビッドな仕様がたまりません。

二番打者:ELEKTEL ウエケン様
演目:スマートポケット付きラグラン長袖Tシャツ

ガジェットのバッテリー対策として、アパレルブランド立ち上げサービスSTARtedでスマートポケット付き長袖Tシャツを作成。ポケットのサイズはiPhone6にピッタリサイズ。ケーブルを通す穴が開いており、片側にモバイルバッテリー、もう片側にスマートフォンなどを収納して歩きながら充電できるという仕様です。なお相方のpolymoogさんは苦笑していたとのこと。

三番打者:トリニティ 星川様
演目:NuAns CONE

寝室に必要な多くの要素を1つにまとめたスピーカー&Lightning充電ドックがついたLEDライト。ヘッドレストを動かすことで、iPhoneもiPadも立てかけられます。充電中は専用アプリが起動。時計画面が表示されるうえ、ライブラリ内の曲再生にも対応。電傘のようなクラシックなルックスにしたおかげで、エンクロージャー容量も確保。3Wながらボリュームは大。Apple Watchでのコントロールも可能。

四番打者:大宮技研 大橋様
演目:15インチモバイルフルHD LCD&英数かなキーボード

海外出張時に欲しいな、と思って作られたHDMI外付けディスプレイ。あけすけな印象を受けますが、工場でも使われる強固なフレームでパネルを保護しており、VESAマウントに直接固定できるようになっています。英数かなキーボードは英語キーボードで文字種を切り替えるためのキーを独立させたもの。HDMI外付けディスプレイと組み合わせるとキーの同時押しでマウスカーソルが真ん中に移動する仕掛けも。

五番打者:eava 石橋様
演目:のせラジ

レゴブロックなどをiPhoneで操作できるラジコンにクラスチェンジできる、のせラジ。2機のモーターのコントロールを7gのワイヤレスユニットで行います。スイッチ入力もあり、障害物にぶつかったらバックしてターン、といった動きも可能。プロポタイプのコントローラだけではなく、プログラマブルな自動走行が可能なアプリが提供されています。現在Makuakeにてクラウドファンディング展開中。

六番打者:アユート 堀様
演目:AK380&AK Jr

384kHz/32bitのPCM、5.6MHzのDSDをネイティブ再生できるデジタルオーディオプレーヤーの最高峰モデルAK380。ケースがジュラルミン削り出しでスマホサイズに見えて重さが220g。胸ポケットに入れて歩くと破れてしまうのでは、というくらいの塊感があります。価格は40〜50万円くらい!? AK Jrはアステル&ケルンブランドのエントリーモデル。6万円代で原音忠実再生を強く意識したトーンが楽しめます。

七番打者:秋山様
演目:学習リモコンコレクション

上海問屋が販売していたモデルはマクロ機能つき、1ボタンでテレビ&ビデオと複数の機器の電源オンやコントロールが可能。カラオケの電目のようなサイズの据え置き学習リモコンもお持ち。380円で1000以上のエアコンに対応したリモコンなどなど、学習リモコンだけで10個以上あるという本物のコレクター。赤外線の信号の波形ですら編集可能なCrossam2+USBがイチオシです。

八番打者:ジャイアン鈴木様
演目:DIGITAL INVADER(MG-880)

1980年代に発売されたゲーム電卓で、数字の形をして攻めてくるインベーダーに対してエイムを合わせる(数字を合わせる)ことで撃ち落とすゲーム機能つき。7セグメントディスプレイゆえのゲームシステムといえましょう。往年のPB-100×マイコンBASICマガジンを思わせる内容に、思わず涙が。キーごとに異なる音階のビープ音が割り当てられており、計算内容によっては綺麗な曲を演奏できることも。

九番打者:UTB様
演目:オール3Dプリント製のスマホVRヘッドギア

スマートフォンを使ったVRヘッドギアが段ボールというのは未来感が薄い。ということで作られたのが、オール3DプリンティングのスマホVRヘッドギア。DMMの3Dプリントサービスにお願いしたそうです。データはrinkakでフリーダウンロード公開中。なお眼鏡のテンプルも3Dプリントしたパーツでカスタムしていたのが印象的でした。

十番打者:マクニカ 小山様
演目:Bluetoothネスカフェバリスタ

コントローラ部分にkoshianという超小型Bluetoothモジュールを組み込み、iPhoneからコーヒーが淹れられるカスタムモデル。実際にはスイッチのON/OFFをkoshianをコントロールしています。構想1秒、分解10分、ハードウェア設計5分、ハードウェア組みたて30分、アプリ実装10分。アプリからハードウェアに直接アクセスできるAPIを実装しており、短時間での実装を可能にしたそうです。



審査発表。各賞を射止めたのは次の3品でした

(いい意味で)一癖も百癖もあるアイテムばかり。この中から各審査員賞をゲットしたのは次の皆さまです! おめでとうございます!

●ジェットダイスケ賞:オリンパス AIR A01
受賞者:のせラジ(eava 石橋様)

ジェットダイスケさん:今回はレベルが高かったですね。ただ、これまでの『どうすんだコレ』というグダグダっぷりがなかったので、そこが物足りないなと(笑)

●drikin賞(松尾公也賞):ヤマハAG03-MIKU&シュアWH20XLR
受賞者:15インチモバイルフルHD LCD&英数かなキーボード(大宮技研 大橋様)

drikinさん:前回はプレゼンテーターで、今回は審査員と異例のスピード出世したのですが、前回の自分が恥ずかしくなったくらいよかったです。次回も楽しみです。

●モダシン賞:MDR-1A
受賞者:Bluetoothネスカフェバリスタ(マクニカ 小山様)

モダシンさん:今回はおっさん率が高かったので、次回の司会は女性でお願いしたいです(笑)

なお司会の私、武者良太としましては、UTB様の3Dプリンティングヘッドギア...ではなく、3Dプリンティングの眼鏡テンプルに一票を投じたくなりました。というか真似したくなりました。

開場まもなくのイベントでしたが、審査員、プレゼンテーター、そして観客の皆さまのおかげで盛り上がりました。ご参加のみなさま、ありがとうございました! 次回もまた、どうぞよろしくお願いいたします。