ようやく「Pinterest」で買い物ができるようになる

写真拡大

写真共有ソーシャルメディア「Pinterest」が、ECサーヴィスに参入する。ユーザーが“ピン”した製品をPinterestから直接購入できるようにする「Buyable Pins」が米国で開始されるのだ。

「ようやく「Pinterest」で買い物ができるようになる」の写真・リンク付きの記事はこちら

写真共有ソーシャルメディア「Pinterest(ピンタレスト)」は6月2日(米国時間)、サンフランシスコで開催したイヴェントで、「Buyable Pins」という新たな機能を発表した。ユーザーがピンした製品を、Pinterestから直接購入できるようにするものだ。

ユーザーは、さまざまな製品画像をスワイプしながら見比べて、最新の価格情報や製品のカラー、見た目などの違いを確認してから、どれを購入するかを決めることができる。支払いには、Apple Payかクレジットカードを利用する。

(関連記事)「Apple Pay」が競合他社合計を上回る躍進

この「購入」ボタンは、iOS向けのPinterestアプリのアップデートに合わせて、米国では6月中に登場する予定だ。

Pinterestはこの機能に関して、メイシーズやノードストロームといった米国の大手デパートのほか、ケイト・スペードやポーラーといったブランドと提携をして、「数百万の商品」を購入できるようにするという。

もっとも、彼らは現在、Pinterest上での売買に課金はしないと言っている。しかし通常、サードパーティのマーケットプレイスは販売手数料を取ることが多い。消費者がショッピングを目的としてPinterestを盛んに利用するようになれば、彼らも同じ路線を取ることだろう。評価額が110億ドルとなったピンタレストにとって、この新機能は少なくとも、将来的に自社プラットフォームから収益を得るための選択肢のひとつとなる。

FacebookやTwitterと同様、PinterestもようやくECサーヴィスに挑戦するソーシャルメディアの仲間入りを果たすことになった。Pinterestユーザーがすでに、画像をピンすることで好きなもの、買いたいものを表明しているのだとすれば、それを買えるようにするのは当然の流れといえるかもしれない。

(関連記事)Pinterest、共有手段として電子メールを上回る

TAG

OnlineShoppingPinterestWIRED US