四姉妹が本当の家族になるまでのかけがえのない瞬間を映し出ていく。(左から)夏帆、綾瀬はるか、広瀬すず、長澤まさみ

写真拡大

映画「海街diary」が2015年6月13日に全国の映画館で公開される。

しっかり者の長女・幸(綾瀬はるか)、自由奔放な次女・佳乃(長澤まさみ)、マイペースな三女・千佳(夏帆)。祖母の残した鎌倉の家に暮らす三姉妹のもとへ、15年前に家族を捨てて家を去った父の訃報が届く。葬儀の席で異母妹・すず(広瀬すず)と出会い、幸は一緒に暮らすことを提案する。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく中、祖母の七回忌に、再婚して音信不通だった三姉妹の母(大竹しのぶ)が現れる。一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見えはじめる―。

海の見える街・鎌倉を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく家族の物語。吉田秋生さんの原作漫画を、「そして父になる」「誰も知らない」の是枝裕和監督が映像化。堤真一、加瀬亮、風吹ジュン、リリー・フランキー、樹木希林ら豪華俳優陣が顔を揃える。