写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マガジンハウスは6月6日、エッセイ『一流の女が私だけに教えてくれたこと』(森綾 著/税込1,296円)を発売する。

著者の森綾さんは、1992年からフリーライターとして人物インタビューを主に手がけ、2000人以上の話を書いてきた。これまでに出会った女性たち、28人から人生の折々に学んだことをまとめたのがこの一冊。さまざまな立場の女性が語った「素のひとこと」「素の姿」が、ひとりよがりでも決めつけでもない女性の品位を磨くヒントをくれるという。

登場する顔ぶれは、岸順子さん、きんさんぎんさん、鈴木保奈美さん、黒木瞳さん、石田ひかりさん、山本容子さん、野際陽子さん、マダムフランソワース、加藤登紀子さん、大久保麻梨子さん、黒柳徹子さん、津田妙子さん、服部和子さん、高橋充代さん、伊原純子さん、寺井尚子さん、八神純子さん、岡崎裕子さん、北原佐和子さん、今道しげみさん、浅井佳代子さん、落合真由美さん、田辺聖子さん、安田成美さん、大野えりさん、徳丸昌代さん、鶴田真由さん、山田詠美さん(順不同)。

森さんは同書の中で、「年齢を問わず、有名無名を問わず。経済格差を問わず。誰でも生き方なら一流を目指せる!」とメッセージを送る。さらに、一流の女の共通点として以下のようなことを挙げている。

・頑張りどき、休み時を知っている。
・謙虚であるが、ここと思ったときに主張できる。
・思いやりのレベルが深い。
・予想もしない出会いや運命を前向きに受け入れる。
・ずっと見ていたいような魅力がある。
・言葉より行動で示す。
・人を大切にする。
・いいと思ったことを惜しげなく人に教える。
・物腰が美しい。