写真提供:マイナビニュース

写真拡大

みんなのコモディティとゴールドフェスタ事務局は5月30日、「ゴールド川柳〜あなたと金の2015〜」の受賞作品を発表した。3月13日〜4月30日、日常生活における金(ゴールド)にまつわるユーモアあふれる作品をインターネットで募集したもの。今年は2,471通の応募のうち、5句の入賞作品が選ばれた。

金(ゴールド)の祭典「ゴールドフェスティバル2015」内で行われた表彰式には、特別審査員兼表彰式プレゼンターとして"黄金の町"鹿児島県伊佐のPRキャラクター「イーサキング」も登場した。

グランプリは、「質屋にて 愛もメッキと 知らされる」(東京都・てんてん)が受賞。イーサキング賞には、「銅もいい 銀もいいけど 金イーサ」(岐阜県・よっさん)が選ばれた。

そのほか、「何よりも ゴールドなるは 孫の笑み」(千葉・カツジィー)、「新幹線 通って金沢 箔がつき」(神奈川・ごん太)、「理系女子 元素記号で 金語る」(奈良・メルモ)が入賞した。