SW3-013-N12D/WF

写真拡大

パソコン(PC)およびタブレットなどを扱う日本エイサー(東京都新宿区)は「Aspire Switch(アスパイア・スイッチ) 10 Eシリーズ」から、10.1型タブレットPC3機種を2015年6月4日に発売する。「SW3-013-N12D/WF」「SW3-013-N12P/W」「SW3-013-N12P/K」で、価格はいずれもオープン。

上位モデルは500GB HDD内蔵キーボードドック付属

本体とキーボードドックをよりスムーズに着脱できるようサポートするガイド機能を追加するなど、進化した独自のマグネット式ヒンジ「Acer Snap Hinge」を採用する。広視野角の10.1型IPS液晶パネル(1280×800ドット)を搭載。タイピングや映画視聴など、シーンに合わせて自由にディスプレイの向きを変えられる。バックカメラを新たに装備した。

OSは「Windows 8.1 with Bing」をプリインストール。CPUはクアッドコアのインテル「Atom Z3735F」(1.33GHz)を採用。メモリーは2GB、内蔵ストレージは64GBを搭載する。

上位モデル「SW3-013-N12D/WF」は、500GB HDD(ハード・ディスク・ドライブ)を内蔵したキーボードドックが付属する。ペアリングした本体以外はHDDが認識されない「セーフティロック」機能を備える。オフィスソフト「Office Home and Business 2013」も付属。microUSB接続によるフル充電で約12時間連続駆動するバッテリーを内蔵する。