日本中が興奮と感動に包まれた前回の優勝からもう4年も経つんだね。いよいよ6月6日(日本時間7日)、女子W杯カナダ大会が開幕する。

注目のなでしこジャパンは、前回とほぼ同じメンバー。サッカーの世界ではかなり珍しいこと。この4年間、佐々木監督は世代交代を考え、若い選手を何度も試してきたけど、結局、それがうまくいかなかった。

また、大会前にあまり注目されていなかった前回と違って、今回は最初から国民の期待も大きく、選手にはプレッシャーがかかっているだろう。

そして、前回王者ゆえに相手のマークも厳しい。銀メダルを獲得した2012年ロンドン五輪を含め、この4年間の国際試合を振り返ると、各国とも球際の当たりを強くしてきたり、なでしこのプレスを避けるためにロングボールを蹴ってきたりと、よく研究しているなという印象だ。

そうした中でのW杯連覇というのは本当に難しいこと。実力的にグループリーグ突破は問題ないけど、そこから先はどうなるかわからない。

もちろん、それでもなでしこならばやってくれるんじゃないかという期待はあるけど、これ以上プレッシャーをかけたくない。だから、ノルマはメダル獲得。守備で耐える時間が長くなるかもしれないけど、前回大会同様、粘りに粘って、少ないチャンスをしっかりモノにする戦いができれば十分に可能性はあると思う。

カギを握る選手としては、やっぱり澤を挙げたい。土壇場での彼女の代表復帰は大きなプラスだ。親善試合を見るかぎり、運動量も戻り、得点も決めるなど存在感を発揮している。何より最後のW杯にかける気持ちがプレーから伝わってくる。

また、プレー面以外でも周囲に与える影響は大きい。メディアの注目がすべて彼女に向くことで、他の選手たちのプレッシャーが減った。佐々木監督はそれを狙っていたのかな。

澤といえば、思い出すのは彼女がまだ読売ベレーザ(現在の日テレ・ベレーザ)に所属していた時のこと。選手たちがスタジアムの前でファンクラブの勧誘をしていたんだけど、「セルジオさ〜ん、入ってくださいよ〜!」と呼び止められ、1年だけ入会したことがあった。彼女はそうした女子サッカーがまだ世間に認知されていない時代から36歳の現在まで第一線で活躍し続けてきた。すごいことだよ。おそらくW杯に出るのは今回で最後。悔いの残らないプレーができることを願うし、僕もしっかり見届けたい。

澤以外で期待したいのは、FW大儀見(おおぎみ)とMF宮間。

大儀見は前回大会であまり活躍できなかった。でも、その後の4年間、欧州で結果を出し続け、今ではなでしこに欠かせないエースストライカーになった。当たり負けしないし、精神的にもタフだし、前線の軸となって、ぜひ勝負を決める得点を決めてほしい。

主将の宮間は左右両足からの正確なキックが持ち味。セットプレーはすべてチャンスになる。一発で流れを変える力を持った選手だね。

どんな結果になろうと、今回のW杯が終われば、なでしこのメンバーはガラッと変わるはず。監督も代わるかもしれない。だからこそ、女子サッカーの灯を次の世代につなげるためにも、ぜひメダルを獲って帰ってきてほしい。彼女たちを全力で応援しよう。

(構成/渡辺達也)