ジョナサン・アイヴの昇進から見える「アップルの未来」

写真拡大

アップルのデザインを率いてきたジョナサン・アイヴの肩書が、「チーフ・デザイン・オフィサー」となった。それはただ単に、彼個人の昇進を意味するものではない。「アイヴの次」のアップルの姿を示唆するものである。

「ジョナサン・アイヴの昇進から見える「アップルの未来」」の写真・リンク付きの記事はこちら

ジョナサン・アイヴが昇進した。この、世界で最も影響力のあるテクノロジー企業のなかで最高の影響力をもつ人物がさらに昇進できるというのには、ちょっとした驚きを感じずにはいられない。

最近の『テレグラフ』誌の記事で、アイヴは肩書が変わったことを認めている。アップルのデザイン担当上級副社長を2年間務めた後、彼の名刺に書かれる肩書きは「チーフ・デザイン・オフィサー(最高デザイン責任者)」となったのだ。

チーフ・デザイン・オフィサーとは、なんといっても響きがいい。そして、パイパー・ジェフリー社のアップル担当アナリストである大御所ジーン・ミュンスターによれば、これは満を持しての昇進である。

アイヴは長年にわたって、アップルのデザインに関するヴィジョンをあらゆる側面から舵取りしてきた。アップル製品の見た目、醸し出す雰囲気、使い慣れてからの感じ方まで、すべてを彼は見渡してきたのだ。アップルキャンパスにあるカフェのテーブルまで、アイヴによるデザインだという。「この会社で彼が果たした役割は、“副社長”のレヴェルをはるかに超えています」とミュンスターは言う。「だから、チーフ・デザイン・オフィサーという肩書は当然のものでしょう」

関連記事アイヴ、「アップルのデザイン」について語る

「アイヴの次」のふたり

アイヴは、デザイン界ではとても大きな存在だ。また、アップルの将来は彼にかかっているともいえるだろう。でももし、アイヴがアップルを去る日が来たらどうなるのだろう? この会社の命運を決定づけてきたデザイン戦略を、誰が代わりに見通すことができるのだろう?

まったく同じ疑問は、2011年にスティーブ・ジョブズが亡くなったときにすでに出されている。ジョブズが3度目の入院休職となって、クパチーノの本社ではティム・クックが日々の実務を淡々とこなしていたころのことだ。やがてこの引継ぎにも答えが出たように、今回のアイヴの昇進は、この男の肩書が新しく変わった以上の意味をもつことだろう。それはアイヴの将来というよりは、アップルの将来にかかわる決定なのだ。

前述のテレグラフ誌の記事のなかで、アイブはふたりの優秀な副官を任命するつもりだと語っている。クックがジョブズの分身となったように、アイブの影となって仕事を補佐する人物のことだ。

ひとりは、ずっとアイヴを支えてきたリチャード・ハワーズ。彼がインダストリアル・デザイン部門を統括するとみられている。もうひとりは、アップルでのキャリアをマーケティング部門で始めたアラン・ダイ。彼はユーザーインターフェイス部門を統括することになるだろう。テレグラフ誌の記事で、彼は昇進についてこのように語っている。

わたし(アラン)はアイヴとふたりきりになったチャンスに、なぜこれほどうまく運営してきた2つの部門を手放すのかと訊いてみた。

「だけど、ぼくはこれからもこの2部門の責任者なのです」と彼は言う。「ぼくはこれから、チーフ・デザイン・オフィサーと呼ばれることになる。アランとリチャードの2人にそれぞれの部門を見てもらえたら、ぼくは管理業務から、いくらか解放される。それはつまり…」

「あなたがこの地球上でやる理由のない仕事ですね」

「その通り」

それはそうだろう。画期的な新デヴァイスのアイデアがふつふつと頭に浮かんでいるときに、有給休暇の申請書類にサインなどしていられる人がいるだろうか。

さらにアイヴは、これからは出張も増えることになるだろうと語る。それは(アイヴが出張先で見ることになる)アップルストアのデザインがますます重要になり、アイヴがアップルの重要人物としてより公に出て行くことを意味するのだろう。

でもこの言い方は、次世代の主役となるであろうハワーズとダイのふたりを脇に置いて、アイヴばかりをもち上げ過ぎているのかもしれない。もしアイヴが会社を去る日が来たとしても、投資家たちは、アイヴの薫陶を受けたふたりの次世代がその跡を継ごうと控えているのを知って、ほっと胸をなでおろすことだろう。

(関連記事)ジョナサン・アイヴ、Appleのデザインを語る

TAG

AppleDesignJonathan IveWIRED US