『第8回全日本国民的美少女コンテスト』のグランプリで、アイドルグループ「美少女クラブ31」のリーダーとしても活躍した女優・阪田瑞穂(29)が、3月29日の自身の誕生日に結婚していたことが4日、わかった。

“国民的美少女”阪田瑞穂の写真付きプロフィール

 所属事務所によると、友人の紹介で出会い約1年間の交際を経て、3月29日に二人で都内の区役所へ出向き、婚姻届を提出。亡き父の誕生日だった5月16日に東京都内で披露宴を行ったという。また、現在、新婚旅行を終えて帰国したばかりで、妊娠はしておらず、今後も仕事を続ける。

 阪田は、高校2年生だった2002年8月に『第8回全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリに輝き、芸能界入り。翌03年に第8、9回の同コンテスト参加者21人で結成された「美少女クラブ21」(のちの美少女クラブ31、現在活動休止中)のメンバーとなり、渋谷飛鳥とWリーダーに抜てきされた。