意外かもしれませんが“すもも”にはツラい二日酔いを軽くする効果があるのです。これは、“すもも”に含まれるクエン酸やリンゴ酸の働きによるもの。その他にも、ペクチンやビタミンA、鉄分など、栄養いっぱいの“すもも”の健康効果をご紹介します。

“すもも”が美味しいのは6月中旬から秋口まで

すももの旬は真夏ですが、日本で多く栽培されている品種は少し収穫が早く、6月中旬からお店に並び始めます。品種によって収穫時期が違うので、秋口まで美味しいすももを味わうことができるのです。あっさりとした甘さと、程よい酸っぱさが持ち味のすもも。暑い季節に味わうにはピッタリのフルーツですね。

二日酔いには生の“すもも”をそのままかじって

すももの酸っぱさのもととなるクエン酸やリンゴ酸には、肝機能を向上させる効果があります。二日酔いの時は、生のすももをそのまま食べるのがおすすめです。2、3個食べれば、体も頭もすっきりしてくるでしょう。クエン酸は疲労物質の乳酸を分解する働きもあるので、疲れた時にもすももを食べてみてください。

“すもも”の食物繊維で重苦しいお腹もすっきり

すももの主成分はペクチンです。ペクチンは、良質の食物繊維。腸内環境を整えて、お腹をすっきり軽くする効果があります。漢方ではすももを便秘薬として用いることも多かったのです。便秘予防には、毎日すももを食べるようにしましょう。生のすももは食べにくいという人は、乾燥させたりペースト状にした“プルーン”でもOKです。

カリウムも豊富! “すもも”には血圧を下げる効果が!

カリウムには、利尿作用により体内の塩分を排出する働きがあります。高血圧の人にとっては、すももの効果は嬉しいもの。さらに、カリウムには筋肉の働きを維持する働きもあります。全身を脱力感が襲う夏バテも、カリウム不足が原因ということも。水分を補給するだけでなく、一緒にすももを食べましょう。

“ドライプルーン”には貧血を解消する効果が!

すももを乾燥させたドライプルーンは、すももの栄養がさらに凝縮されて含まれています。その中でも注目したいのが、ドライプルーンに含まれる鉄分の多さです。生のすももよりも食べやすいので、貧血気味の方は1日5個〜10個程度を続けて食べましょう。少しずつ貧血が軽くなる効果が実感できるはずです。女性にとっても、生理中の鉄分が不足する時に嬉しい効果ですね。


writer:岩田かほり