Uberの「善」──アプリをアップデート、聴覚障害者でも使えるように

写真拡大

「Uber」は、聴覚に障害をもつドライヴァー向けに設計された機能を盛り込んだ、パートナー用アプリのアップデート版を発表した。このアップデートはUberと、そのドライヴァーにとってよい方向への開発だ。

「Uberの「善」──アプリをアップデート、聴覚障害者でも使えるように」の写真・リンク付きの記事はこちら

ドライヴァーがアプリを操作し、この「特別機能」をオンにする。すると、いざ呼ばれたとき、従来の音声案内に加えて光の点滅でそれを知らせてくれる。乗客がドライヴァーに電話する機能は停止され、待ち合わせ場所の連絡などは、すべてテキストメッセージで行われる。アプリには乗客が行き先と注意事項などを書きこめる画面も追加されていて、彼らはドライヴァーの耳が聞こえないことがわかるのだ。

「『Uber』が、耳の不自由な人々が収入を得る道を開き、彼らの役に立てることを望みます」。Uberの製品革新担当部長ベン・メトカーフは、ブログにそう書いている。

Uberはいま、この特別機能をシカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ワシントンDCの4つの街でテストしている。そこでの試験走行がうまくいけば、2週間以内にアメリカ全土にこのアップデート版を広める予定だ。同社によれば、ドライヴァーや全国聴覚障害者協会からの意見を取り入れて、アプリに改良を加えていくという。

「協会や聴覚障害者の方々とよく話をした結果、彼らにも経済的な機会をつくり出す必要を感じました」と、Uberの東海岸担当本部長レイチェル・ホールトは言う。「わたしたちは常に、パートナーと利用者の皆さんのニーズに役立つようなソリューション開発を目指しています」

耳が不自由な人々に配慮をすべき、現実的な理由がある。2012年のアメリカンコミュニティの調査によれば、生産年齢にあたる聴覚障害者のうち、実際に職に就けているのは、その半数でしかないのだ。

「わたしは闘います」

サンフランシスコ在住のドライヴァー、ラリー・コットン・ジュニアは、ここ8カ月ほどインターネットを利用した配車サービスとしてUberや「Lyft」、最近では「DoorDash」を使っているが、Uberの標準アプリの使用中、しばしば困難な目に遭ったそうだ。

コットンによれば、利用者が細かな話をしようと電話をかけてきて、彼が電話では話ができないとわかると、どの乗客もすぐに予約をキャンセルしたという。

また、「遅れ」という問題もあった。Uberなどのプラットフォームはどれも、収益を最大化するために、限られた時間でできるだけ多くの乗客に対応しようとする。しかしコットンによれば、耳に障害をもつドライヴァーは通常、テキストメッセージを使ったやり取りや位置確認をするのにより長い時間がかる。乗客の話を聞くために、わざわざ車を停める必要もある。

こうした障害を前にして、ドライヴァーのなかにはやる気をなくしてしまう人もいる、とコットンは認める。それでも彼はこう言い切る。「わたしは闘います。必ず成功者となります。わたしたちもこの仕事をしっかりとこなせることを証明したいのです」

コットンは、耳に障害をもつドライヴァーは、誰もがUberのようなプラットフォーム上で自分の名を名乗ることが重要だという。そうすればUberの取組みに意見を反映させて、状況を改善させることができるからだ。「Uberの新しいアプリは本当によくなりました。仕事のスピードが上がったのです」と、彼はわれわれとのヴィデオチャットで語ってくれた。

善のためのテクノロジー

Uberは障害者に協力的ではない、と多くの裁判で訴えられており、今回のアップデートは世間の評判を高める努力のひとつにもなっている。もっとも、裁判では特に聴覚障害者たちに対する取り組みが争点となっているわけではない。例えばある裁判では、カリフォルニア州の視覚障害者協会によって起こされているし、車椅子に乗っていることが理由でサーヴィスの利用を拒否された、という内容のものもある。

しかし訴訟内容がどんなものであれ、今回のアップデートはUberと、そのドライヴァーにとってよい方向への開発だ。聴覚障害者のコミュニティは、働く場の選択肢を切に広げたかったのだから。

アプリのアップデートによって聴覚障害者のドライヴァーたちがよりスムーズに仕事ができるようになったら、テクノロジーが「善なるもの」のために使われた例が、またひとつ増えることになるだろう。

(関連記事)Airbnb、Uber、Lyftが変えた世界:シェアリング・エコノミーの時代

TAG

AppDiversityShare EconomyUberWIRED US