メスを入れずに注射だけで二重あご解消!  shutterstock

写真拡大

 二重あごを解消できる新薬「カイベラ」が、アメリカの食品医薬品局(FDA)によって5月1日に承認された。開発したのはアメリカの製薬会社カイセラ・バイオファーマスーティカルズ社。約2600人を対象にした臨床試験の結果、効果があるというデータを得ることができたという。

 報道によれば、二重あごを「治療できる」ではなく、「解消できる」という表現になっている。二重あごとは、あごの下部に脂肪や皮膚のたるみがあること。二重あごそのものは、病気ではないし、病状でもない。事実、FDAは、この「カイベラ」を保険適用から除外した。適切な判断だと思う。

 カイベラのメカニズムは以下の通りだ――。

 あごの下にカイベラを注射すると、あごの下にある脂肪細胞の細胞膜が破壊される。破壊された細胞の残骸は、そのまま肉体に吸収されていく。外見上、傷が残ることはないとのこと。ただし、一度の注射では効果がない。治療効果が出るためには、50回の注射が必要とされる。

 デメリットについても公表されている。少数ではあるが、被験者の中には、顔面の筋力低下や顔の片側にゆがみが出る、といった事例があったという。

「カイベラ」が拓く美容整形の未来

 この「カイベラ」の効果は、プチ整形の理屈と似ている。プチ整形のひとつヒアルロン酸の注射をすると、顔面をふっくら見せて若返えらせるという効果が期待できる。この効果は短期間ではあるが、顔面にメスを入れないので、ローリスク・ローリターンだ。美容整形業界に大きな収益をもたらしたし、「美容整形に対する恐怖」というハードルを下げることにも大きく貢献した。