Facebookが「人工知能研究所」をヨーロッパに開設したわけ

写真拡大

フェイスブックは、ニューヨーク・シリコンヴァレーのオフィス間を跨ぐAIチームを結成し、さらにフランスはパリに、新たなAI研究所を開設する。ヨーロッパには、彼らAIに注力する北米企業が欲しがる「AI人材」が眠っているのだという。

「Facebookが「人工知能研究所」をヨーロッパに開設したわけ」の写真・リンク付きの記事はこちら

フェイスブックがAIについて行っている業務を監督しているニューヨーク大学教授のヤン・ラカンは、パリで生まれ、パリで教育を受けた。そのラカンがわたしたちに語ったのは、彼らフェイスブックが、自分たちのリサーチの成果をヨーロッパでも利用できるようにしたいと考えているという展望であった。

ロンドンに並んで、パリは新しい研究所を設けるのに疑う余地のない選択肢だった、と彼は言う。「我々はオープンに仕事をし、フランスをはじめとするEU諸国やその他の地域でも、AIリサーチ分野に投資をしていくつもりである」ともブログに書いている。

ラカン氏はディープラーニングとして知られるAIの心臓部分における研究者だ。1980年代以降、彼ら研究者による小規模なグループは、脳のニューロンのネットワークに類するコンピューターネットワークを構築すべく研究をしてきた。近年では、フェイスブックやグーグル、マイクロソフトらが、音声・画像認識から言語の翻訳まであらゆる物事に対処する方法として、これらの「ニューラルネット」(neural nets)が採用している。

ラカン氏のほかにもう1人、このムーヴメントを起こした人物としてトロント大学教授のジョフ・ヒントンがいる。

彼は現在グーグルで働いているが、グーグルはフェイスブックと同様にこのテクノロジーに多額の投資をしており、彼らは、限られた人材を勝ち取ろうと競っている。ロンドンに拠点を置くDeepMind社(ディープラーニングに関する新規企業。イギリス人研究者デミス・ハサビスによって設立された)を獲得したグーグルは、既にヨーロッパにおいてAI研究所に類する組織を運営している。

サンフランシスコに拠点を置くAIの新規企業、Skymind社の設立者であるクリス・ニコルソンによると、ディープラーニングの「カギ」を握っているのは、これまでに挙げたラカン氏やヒントン氏、ハサビス氏、さらにモントリオール大学教授のヨシュア・ベンジオといったヨーロッパ人なのだという。

「彼らは全員、現在は北アメリカの組織に雇用されている」とニコルソンは言う。「ヨーロッパには多くのアイデアや人材があるが、それらは、アメリカに来るか、または、主流に影響を及ぼすことがないかのどちらかだ」

現在、Facebook上では、画像認識の方法としてディープラーニングが使用されている。そのほかにも、ユーザーそれぞれのニュースフィードをパーソナライズ化する目的でも、このテクノロジーは研究されている。

ラカン曰く、こうした研究成果の次の大きなステップは、個々の単語だけでなく、文章すべてや段落を理解する力を機械に与えることを目的とした「自然な言語処理」にあるという。

TAG

AIFacebookLaboratoryR&DWIRED US