「美しいゴミ箱」から生まれた「ぜいたくな超高層タワーマンション」

写真拡大

マンハッタンに建設された、89階建ての豪華タワーマンション「432パーク・アヴェニュー」。そのインスピレーションの源になったのは、20世紀はじめの有名デザイナーによる「美しいゴミ箱」だった。

「「美しいゴミ箱」から生まれた「ぜいたくな超高層タワーマンション」」の写真・リンク付きの記事はこちら

インスピレーションには不可思議なものが多いが、これはとりわけ突飛な例といえるだろう。居住用ビルとしては西半球で最も高いものになる、新しい豪華な分譲用タワーマンション「432パーク・アヴェニュー」の外観は、「ゴミ箱」からインスピレーションを受けたというのだ。

高さ426.1m、89階建ての432パーク・アヴェニューは、425.5mの1ワールド・トレード・センターや、全高800mを超えるドバイのブルジュ・ハリファとともに、超高層ビルのジャンルに入る。

(関連記事)未来、人は「超高層建築」がつくる都市に住む

ゴミ箱からの発想、といっても、ネズミが出入りするようなプラスティック製のゴミ箱ではない。それは1903年に設立された「ウィーン工房」を主宰したデザイナー兼建築家、ヨーゼフ・ホフマンの手によるエレガントな金属製のゴミ箱であり、現在も小売価格225ドルで販売されているものだ(冒頭写真の右側)。

432パーク・アヴェニューの設計を担当した建築家、ラファエル・ヴィニオリは、2014年2月のレクチャーで、432パーク・アヴェニューについてはさまざまなものから「非常に多くのインスピレーションを受けた」が、特にホフマンの作品から、格子のような外観を思いついたと話している。また外観を格子状にすることにより、「全体が均一な印象を与える」と彼は言う。

豪華タワーマンションがゴミ箱からインスピレーションを受けて設計された、というのは広報活動上の失敗とみることもできるが、そうではない。インスピレーションが、実にあらゆる場所から訪れることを示しているのだ。

432パーク・アヴェニューの内部の様子。

しかしヴィニオリには気の毒だが、すでに批評家たちは、13億ドルをかけて建設された432パーク・アヴェニューについて、37,000平方メートルを超える広大な空間を104世帯で贅沢に分け合う、「世界的な大富豪の存在を後世に伝える」建築計画だとして非難している

『New York Magazine』の批評家、ジャスティン・ダヴィッドソンは、このビルが「整理用戸棚を積み重ねた」ように見えると述べるとともに、「物理的な高さを追求する建築家は、自らの創造力も伸ばすべきではないか」と問いかけている

※この翻訳は抄訳です。

TAG

ArchitectureDesignNewYorkWIRED US