35年前に「スター・ウォーズ」と同時上映の短編、長編として甦るか。

写真拡大

かつて「スター・ウォーズ」と同時上映されたことのある短編映画が、クラウドファンディングによって再び製作されるか、注目を集めている。

35年前に公開された「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」と、ヨーロッパで同時上映された短編映画「ブラック・エンジェル」が、クラウドファンディングによって資金が集まれば、「ロード・オブ・ザ・リング」でおなじみのジョン・リス=デイヴィス、「ブレードランナー」のルトガー・ハウアー出演の長編作品として甦るという。

オリジナル作品を製作したロジャー・クリスチャン監督は次のように意気込みを語っている。

「素晴らしい侍映画たちに影響を受けて、冒険ものである『ブラック・エンジェル』を書いたんだ」
「新しい作品の中で、僕は皆さんに生か死かしか許されることのない激しい戦いを肌で感じて欲しい」
「一作目の『スター・ウォーズ』や『エイリアン』のように、僕らは観客たちを惹きつけるような絶対的な現実感を目指すよ。そうすることで観客たちはまさにその古代の美しい風景、街、城、世界にいるような気分になるからね」
「飛び交う悪魔、魔法使い、姫に騎士、生ける軍隊、地底の悪魔の神とともに観客たちが求めている、そして僕が再び作りたいと情熱を持っている究極のリアリズムの世界をありとあらゆる手法で撮影するよ」

この作品製作への募金を行ったファンは、エキストラとしての参加、撮影への提案、撮影後の編集段階に参加することが出来るチャンスがあるようだ。6万6,000ポンド(約1,260万円)の寄付金を目指し、6月2日(火)より45日間の募金活動がスタートしている。

なお、ロジャー・クリスチャン監督は2001年、“最低映画”に贈られるゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)において、監督作「バトルフィールド・アース」(主演:ジョン・トラボルタ)が主要部門をほぼ独占。さらに後年発表されたて歴代最低ドラマ作品賞、2000年代最低賞にも選ばれている。