Minecraftキラー? レゴで望みの世界をつくれるゲームが公開

写真拡大

レゴは、自分だけのヴァーチャルな世界をつくれるゲーム「Lego Worlds」の早期アクセス版を公開した。人気ゲーム「Minecraft」と競合することになりそうだ。

「Minecraftキラー? レゴで望みの世界をつくれるゲームが公開」の写真・リンク付きの記事はこちら

レゴは、開発途中のゲームを体験できる「早期アクセスゲーム」セクションで、「Lego Worlds」を公開した

色とりどりのブロックを使って楽しめる点は従来と同じだが、Lego Worldsでは、プラスティック製のブロックを使って居間の床で遊ぶわけではない。米人気TVドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の舞台のようなビットの世界で、ブロック遊びをするのである。

「レゴだけでつくられた世界を探険し、秘密とお宝を発見し、独自の世界を創造することができます」と、彼らは新たなゲームについて説明している。「Lego Worldsは、創造力を駆使することのできる、完全にオープンワールドのゲームです。アイデアが膨らんだら、その都度提供していきます」

(関連記事)「レゴでできた世界」が、Googleマップ上で実現

ゲームに追加される予定の、開発中の機能は以下の通りだ。

水中でのゲームプレイ地下洞窟のネットワークバイオーム(生物群系)をもつ町や村ミニフィギュアのキャラクターやクリーチャーの追加乗り物の追加オンライン・マルチプレイ機能

こうした情報から、現在のLego Worldsは必要最小限の機能を備えたものであり、コミュニティとともに成長するように設計されていることがわかる。その点は、初期の「Minecraft」によく似ている。

レゴによると、ゲームの完成版は、現在の販売価格11.99ポンド(1,480円)よりも高くなるという。

TAG

GameLEGOLegoWorldsMinecraftVideoWIRED UK