あなたは浴衣を何着持っていますか。

写真拡大 (全6枚)

 総合マーケティング支援を行うネオマーケティングは、4月30日〜5月2日の3日間、全国の15歳〜35歳の女性500人を対象に「浴衣」をテーマにしたインターネットリサーチを実施した。

 現在持っている浴衣の枚数を聞いたところ、最も多かったのは「1着」(40.8%)、次いで「2着」(25.6%)だった。「持っていない」は22.4%で、15歳〜35歳女性の8割近くが浴衣を所有していることがわかった。

 昨年浴衣を着て出かけた回数と、今年浴衣を着て出かけたいと思う回数を聞いたところ、昨年浴衣を着て出かけた回数として回答が多かった順に「1回」(16.8%)、次いで「2〜3回」(10.6%)という結果となった。今年浴衣を着て出かけたいと思う回数も同じく「1回」(32.6%)、「2〜3回」(23.2%)の順となったが、昨年浴衣を着て出かけた回数を比べて、それぞれ回答割合が多くなっている。

 ひと夏の間に何度も浴衣を着ない理由を聞いたところ、「着付けが大変であること」(55.2%)が最も多く、次いで「特に着て出かける機会がないと感じること」(48.8%)だった。

 浴衣を着るきっかけになると感じることを聞いたところ、「浴衣を着て出かけたい場所・イベントがあること」(53.4%)が最も多く、次いで「浴衣を着ようと誘われること」(37.2%)だった。

 浴衣を着て出かけることがトレンドになれば、浴衣を着ることが増えると思うかを聞いたところ、「はい」という回答が、半数近くの47.8%にのぼっている。