オフィスに生えた樹木のようなスタンディングデスク

写真拡大

オランダ人デザイナーのユルゲン・ベイの手による最新作「BeTween」は、オフィスにふたたび柔軟性をもたらす独自のアイデアに満ちている。積み重ねたり、立て掛けたり、別々に使用したりすることのできるパーツによって、理想のワークスペースをつくり上げることを可能にする。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「オフィスに生えた樹木のようなスタンディングデスク」の写真・リンク付きの記事はこちら
studiomakkink-bey_prooff-010-between-81-1024x768

2/3

web-studiomakkink-bey_prooff-010-between-311

3/3

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN web-studiomakkink-bey_prooff-010-between-91

studiomakkink-bey_prooff-010-between-81-1024x768

web-studiomakkink-bey_prooff-010-between-311

1968年、ハーマンミラーは、「アクションオフィスシステム」(PDF)によってオフィスにおけるワークステーションデザインに革命を起こした。壁やテーブルの配置を変えることができるこのシステムは、労働者が必要とする柔軟性に応える最初の礎であった。アクションオフィスは、やがて今日あるようなパーティションで区切った仕事スペースへと移り変わっていった。そして以降、オフィスにおける開放感とプライヴァシーの適切なバランスが探し求められてきた。

オランダ人デザイナーのユルゲン・ベイは、オフィスにふたたび柔軟性をもたらすために独自のアイデアを生み出した。Prooffと名づけられたコレクションにおける彼の最新作「BeTween」は、積み重ねたり、立て掛けたり、別々に使用したりすることのできるパーツを考案し、理想のワークスペースをつくり上げることを可能にしたのである。

ベイは、現代の「働き方」に対する十分な理解の上で、BeTweenをデザインした。いま、多くの人はデスク上だけで仕事を片付けるのではなく、コンピューターを使用したり、会議に出たり、昼食をとったりする隙間の時間にも働いている。BeTweenは、まさにこうしたスキマ時間に対応するための家具である。

この家具のシステムは、さまざまな方法で配置することのできる3つの布張りのパーツから構成されている。これらのパーツは直立した状態でつなぎ合わせて、スタンディングデスクやイスとして使用できる。別の配置では、ベンチ&デスクとして機能したり、さらにはオットマンにもなったりする。重量は組み立てた状態で、約170ポンド(80kg弱)である。軽くはないが、ベイの意図としては、毎日動かすのを目的にはしていないと言う。

「柔軟性とは何を意味するのか。ものは常に変化させなければならないのか。そう考えました」(ベイ)

この質問に対するベイの答えは「ノー」である。BeTweenは、柔軟性とは常に物を動かすことだけで実現されるのではない、というわけだ。

これはとても興味をそそるアイデアと言えるだろう。例えば、あなたが空港にいたときのことを思い出して欲しい。柱に寄り掛かりながらノート型パソコンを使用したこともあっただろう。あるいはゲート前のイスが満席で、窓枠に座ったこともあるだろう。わたしたちの身の回りには、柔軟性を可能にするたくさんのヒントが存在している。

ベイは、自然景観になじむようにBeTweenをデザインした。確かにこれらの家具は、巧みに積み重ねられた木の幹のようにも見えるのである。

彼は、自然との触れ合い方が、家具との触れ合い方を設計するときのいい手本になると言う。毎日どのように木や砂が積み重なり、どのように草が積み上げられるのか、それは、わたしたちが決めるわけではない。そうではなくむしろ、わたしたちは自分の行動を変えて、目の前にあるものを活用するのである。「物をどう使うか考えるのではなく、わたしたちは“ただ使う”のです」。そう、ベイは語ってくれた。

TAG

FurnitureGalleryOfficeProductivityWIRED US