DSC-HX90V レンズを新設計しコンパクト化を実現

写真拡大

ソニーは、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」シリーズから2機種を2015年6月5日に発売する。

夜景などくらいシーンでも高い描写力 1820万画素CMOSセンサー搭載

いずれも広角24ミリから望遠720ミリまで幅広い領域をカバーする光学30倍ズーム「ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ」を搭載。レンズを新設計し本体の小型化を実現した。高精度な手ブレ補正機能を備え、「全画素超解像ズーム」により最大60倍ズームに対応する。

有効画素数1820万画素の「Exmor R(エクスモアアール) CMOSイメージセンサー」を採用し、夜景など暗いシーンでも高い描写力を持つ。レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α」シリーズ譲りで、約0.09秒の高速を実現した「ファストインテリジェントAF(オートフォーカス)」を装備。

「DSC-HX90V」は、高コントラスト・高精細の収納式有機ELファインダー「Tru-Finder」に接眼検知機能を搭載し、ファインダーと液晶モニターの自動切り替えが可能。様々な機能を割り当てられる「コントロールリング」や、ホールド感の良いグリップなどを備える。カラーはブラック。「ソニーストア」での価格は5万4880円(税別)。

「DSC-WX500」は、自分撮りがしやすい180度チルト液晶、内蔵フラッシュなどを搭載する。カラーはブラック、ホワイト、レッドの3色。「ソニーストア」での価格は4万2880円(同)。