ケーキは見ると無性に食べたくなるスイーツ。ダイエット中は控えておこうと思ってもついつい買ってしまって、後悔することも。そんなあなたに知ってもらいたいのがケーキのカロリーです。ケーキでも種類を選べばカロリーを抑えて楽しめます。

ケーキの材料とカロリーをチェック

ケーキの材料は、たまご、牛乳、バター、生クリーム、小麦粉、砂糖などです。たまごと牛乳が主に含まれるものはたんぱく質を摂ることができます。栗やかぼちゃなどは素材自体に甘みがありさらに食物繊維を含むので、カロリーが控えめで便秘にも効能があります。フルーツにはビタミンが含まれますが、糖質は高めなので砂糖を含むスポンジケーキと一緒に摂るとカロリーが高くなってしまいます。バターやチョコレート、生クリームがたっぷり入っているものは脂質が高めで太りやすいケーキ。ダイエット中は食べる量を調整するか、できるだけ低カロリーのケーキを選びましょう。

具体的なカロリーを知ってケーキを選ぼう

カロリー150〜250kcal程度

カロリーが低めなのは、カスタードシュークリーム(180〜240kcal)。シフォンケーキ(200〜240kcal)。ただし、フルーツやナッツが入るとカロリーが上がります。エクレア(220〜240kcal)、ティラミス(200〜250kcal)、プレーンなチーズケーキも200〜250kcalです。

カロリー300〜350kcal程度

レアでない濃厚なチーズケーキやミルフィーユ、チョコレートケーキ、モンブランはこのカロリーの範囲内です。イチゴのショートケーキでシンプルなものは350kcalぐらいです。

カロリー350〜400kcal程度

レアチーズケーキは400kcal近くあります。生チョコレートケーキやチョコレートがたっぷり使われていると400kcalを超すものもあります。やはりチョコレートは脂質が高いので控えめに食べることをおすすめします。フルーツタルト(360kcal)やアップルパイ(395kcal)は、ビタミンが含まれて栄養価はありますが、カロリーには果物の糖分の高さが反映されていますね。

さて、あなたはどのケーキを選びますか?ゆっくりいただけばプレーンなチーズケーキでも満足できるのではないでしょうか?


writer:松尾真佐代