初の共同開発商品

写真拡大

湖池屋とぼんちとの初の共同開発商品「ぼんち揚 カラムーチョ味」が2015年6月15日に、ぼんちから発売される。

噛めば噛むほど辛さとおいしさが感じられる

湖池屋の辛味スナックの代表ブランド「カラムーチョ」は、14年9月に発売30周年を迎え、同社ではその記念企画として「日本全国カラムーチョ化計画」を進めており、ぼんちとのコラボレーションはその一環。

「カラムーチョ」は1984年の発売以来、辛くておいしいポテトチップスとして好評を維持している一方、「ぼんち揚」は60年の発売で、カリッとした香ばしさと後引くおいしさから世代を超えて愛されている。

「カラムーチョ」に使用されているシーズニングを、何度も試行錯誤を繰り返し「ぼんち揚」の生地に合うように新開発。「カラムーチョ」の辛さと、「ぼんち揚」のカリッとした食感がマッチし、噛めば噛むほど辛さとおいしさが感じられる、スナック感覚の揚げせんべいに仕上がった。

パッケージは 「ぼんち揚」のデザインをベースに、「カラムーチョ」のキャラクター「ヒーおばあちゃん」をあしらった。

65グラム入りで、参考価格(税別)は150円。