(左から)春空、万葉、名月、雪椿

写真拡大

セーラー万年筆(東京都江東区)は、「四季織々(しきおりおり)万年筆」(1万2000円)を2015年6月7日から発売する。

ラメ・パール素材だが落ち着きある雰囲気

四季それぞれを色で表現しており、「プロフェッショナルギアスリム万年筆」をベースとする。春は澄んだ空のようなさわやかな水色(春空)、夏は青葉が茂る山の緑(万葉)、秋はススキを照らす満月のような金色の光(名月)、冬は真っ白な雪からのぞく椿の紅色(雪椿)。ラメやパールなどの素材を取り入れているが、落ち着きの感じられるカラーになっている。

四季がテーマの万年筆として既に発売されているプロカラー500万年筆「四季彩」(5000円)は、ステンレスペン先で万年筆初心者でも手に取りやすい価格。一方、「四季織々」は14金ペン先でボディカラーもより趣のある仕上がりだ。金ペン先好みの万年筆ユーザーなど、書き心地を含めて万年筆をより楽しみたい層をターゲットとしている。

価格はいずれも税抜。