店長のコスチュームはガチャ商品をイメージしたもの

写真拡大

「変わったもの」「ヘンなもの」が好きな人に好評を博しているガチャブランド「パンダの穴」は、6月2日から、タワーレコードカフェ表参道店とのコラボレーションイベント「パンダの穴 喫茶展」を開催している。

【世にも奇妙なガチャ「パンダの穴」喫茶展レポ! タワレコカフェとの全力コラボの画像・動画をすべて見る】

パンダを愛する藤岡みなみ&ザ・モローンズらによるライブなども行われる予定だ。

pandawindow

「パンダの穴 喫茶展」外観



pandaDSC_0008

店内の様子



pandaDSC_0023



ガチャ屋と広告クリエイティブが生み出すガチャブランド


rekissaten_logo


「パンダの穴」は、2013年9月に誕生したガチャ(カプセルトイ)ブランド。エッジの効いたプロダクトに定評のあるタカラトミーアーツと、広告制作会社の電通テックが共同で展開している。

サメフライ」「自由すぎる女神」「考えない人」「フルーツゾンビ」「メイドM」など、他にないユニークなアイデアを具現化しているのが特徴だ。

gachapanda

店内に設置されているガチャシリーズ



発売以来、変わったもの・ヘンなものが好きな大人を中心に人気を集め、既存の16シリーズ累計で350万個以上を販売。SNSなどの口コミでも話題になっており、担当者いわく「意外にも女性のファンが多い」という。

pandaDSC_0028

フルーツゾンビ



pnadaDSC_0027

グリーングリーンアーミー



pandaDSC_0029

メイドM



pandaDSC_0031

どうぶつクレヨン



pnadaDSC_0032

チラリーダー!



pandaDSC_0120

考えない人



pandaDSC_0122



オリジナルメニューや先着100名のイベント限定ガチャも!


pandaDSC_0049

パンダモチーフのおにぎり&お茶漬けセットやグリーンカレー


今回の企画展は、タワーレコードカフェとしても初となるカプセルトイとのコラボ。店内ではフード・デザート・ドリンクなどのオリジナルメニューを提供。

ブランドの象徴であるパンダをモチーフにしたおにぎり&お茶漬けセットやグリーンカレー、ガチャ商品「フルーツゾンビ」のシャーベットなど、計14品をラインナップしている。

pandaDSC_0052

パンダのお抹茶ラテセット



pnadaDSC_0065

「フルーツゾンビ」シャーベット



pandaDSC_0072

各種コラボモヒート



注文した人には毎日先着で100名にコインが渡され、イベント限定「パンダの穴缶バッジ」のガチャを回すことができる(店頭販売の缶バッジとは別デザイン)。

バラエティに富んだメニューに加えて、Tシャツやコースター、マグカップ、トートバッグといったコラボグッズも販売。いずれも新たにデザインされたアイテムで、タワーレコード渋谷店やタワーレコード オンラインでも販売中だ。

pandaDSC_0011

コラボグッズ



ガチャなしでは生きられない人も大満足の店内


pnadaDSC_0001


喫茶“展”の名にふさわしく、店内の随所に商品を展示。「NO GACHA, NO LIFE.」のキャッチコピーとともに飾られた各商品のポスターも見どころだ。各テーブルには、商品などをデザインした24種のコースターのほか、オリジナルのプレースマット、箸袋と、細かなところまでパンダの穴をプッシュしてくる。

repandaDSC_0090

オリジナルコースター



発売から現在に至るまで、ほぼすべてのガチャが回せるのもイベントならでは。いまや入手困難になっている「サメフライ」をはじめ、貴重な初期シリーズが入手できる。さらに「山本(ヤマホン)くん」「アニべこ」など、今後発売される新商品も初公開している。

手のひらの文学青年 山本(ヤマホン)くん




藤岡みなみ&ザ・モローンズ登場の音楽イベントも開催!


店内に設置されているガチャの中には、ランダムで当たりシールが貼られたカプセルが混入。見事引き当てると、イベントに合わせて“なぜか”制作されたオリジナルCD「空気は読まない」がプレンゼトされる。ボーカルを担当したのは、バンド・プレタポルテのYOHKOさんだ。

さらに、週末には正体不明のDJパンダや、パンダを愛する音楽ユニット・藤岡みなみ&ザ・モローンズを迎えた音楽イベントを開催(詳細は後日公式サイト等で発表)する。

まだまだ謎の多いガチャブランド「パンダの穴」。その世界を、文字通り穴の奥深くまで目と耳と口をつかって体験できるイベントになりそうだ。

(C)Panda’s ana