最新の地図データを利用可能な本格的カーナビアプリ

写真拡大

Eコマースやソーシャルゲーム事業などを手がけるディー・エヌ・エー(DeNA)の子会社、DeNAロケーションズは、スマートフォン(スマホ)向けカーナビアプリ「ナビロー」Android版の配信を開始した。iOS版は近日中に配信開始予定。利用料は無料。

最適ルートをリアルタイムで案内 ドライブレコーダー機能も

本格的なカーナビゲーション機能を搭載。縦・横画面両対応。VICSの渋滞情報をサポートし、最適なルート案内をリアルタイムで行う。住所やフリーワードからの目的地設定や、走行中のレーン情報、イラストによる分岐点案内、交差点名や取り締まり情報の音声案内などの機能を搭載する。

アプリをバージョンアップすることなく最新の地図データを利用可能なほか、渋滞情報と連動するルート再検索時のパケット通信料を最適化、サーバー負荷を軽減する独自の「ビーラインテクノロジー」を搭載する。

スマホのカメラで映像と音声を記録する「ドライブレコーダー」機能や、カメラ映像にナビのルートを重ねて表示する「AR(拡張現実)モード」も備える。ナビゲーション音声「ナビ声」を関西弁・沖縄弁などの方言や、タレント・声優の声に変更できる機能も今夏に搭載予定だという。