ハリル流のハードワークにも順応へ…大迫勇也「走ることは大事」

写真拡大

 11日に行われるキリンチャレンジカップ2015のイラク戦、16日に行われるロシア・ワールドカップ、アジア2次予選初戦のシンガポール戦に臨む日本代表は、国内合宿2日目を行った。

 ケルンに所属するFW大迫勇也は練習後、「走ることがすごく必要ってことは言ってます」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督の言葉を明かすと、走り込みについては「きつかったですね(苦笑)」と感想を語り、「きついですけど、必要なことだから、続けてかないといけないかなと思いますけどね」とコメントしている。

 また、クラブとの違いを問われると、「今のサッカー走んないとできないと思うし、攻撃も守備もしっかりやらないといけないと思う」と、走ることについては変わらないと語り、「メインは攻撃ですけど、走ることは大事なんじゃないかなと思います」と改めて強調した。

 今シーズンのブンデスリーガで、大迫は3ゴール。だが、12ゴールを奪ったマインツのFW岡崎慎司とポジションを争うこととなる。大迫は、「代表でスタメンで出るためには、少なからずチームで、ドイツの中で点を取ることが大事だと思います」とクラブでの活躍を誓うと、「来季はすごく自分にとっても大事な年になると思うし、結果にホントにこだわってやりたいと思います」と来シーズンに向けて意気込みを語った。