Doctors Me(ドクターズミー)- 《女性必読》アンチエイジングの鍵は細胞の中にあった!

写真拡大

ミトコンドリアで若返る!?

ミトコンドリアとは、一人当たり60兆個も存在するという小さな細胞一つひとつに存在する、ミクロの世界の細胞内小器官のこと。細胞がそれぞれの役割に合った活動をするために必要なエネルギーを作りだしています。

ミトコンドリアとアンチエイジングの気になる関係

「アンチエイジング」とは老化を防ぐという意味ですが、人間の老化は「酸化」によって起こります。人間もまるで金属がさびていくように、酸化することによって老化するのです。 もちろん、ただひたすら酸化してさびていくわけではありません。

じつは、酸化を遅らせる役割をもつ酵素も体内には存在しているのです。これがSOD酵素と呼ばれる酵素で、20歳くらいまでは豊富に存在し、酸化しても老化につながらない所以です。

ところが、40歳くらいになると、急激にSOD酵素が減少、老化が加速することになります。つまり、このSOD酵素を若い時のように、活発に働かせておくことができれば、老化を遅らせること、つまりアンチエイジングにつながるというわけです。

そして、このSOD酵素に深くかかわっているのが、ミトコンドリアの存在。ミトコンドリアを元気にし、活性化することでSOD酵素はせっせと、さびを取り、老化をのスピードを遅らせてくれるのです。