Doctors Me(ドクターズミー)- たまには夫婦でリラックス。“スローセックス”のすすめ。

写真拡大

スローセックスをテーマにした本が爆発的に売れたことをきっかけに、最近は週刊誌などでもよく取り上げられているテーマです。電車の中づり広告などでスローセックスの文字を目にされた方も多いと思います。では、スローセックスとはどんなことをするのか?普通のセックスとはどう違うのか?

今回はこの話題のスローセックスについて、医師に聞いてみました。

スローセックスの定義

男性の射精や女性のオーガズムを目的とするのではなく、スキンシップとして時間をかけてお互いの体を労わりながら楽しむ、という性行為の方法を言います。 スローセックスのおこない方に関しては、特に決まりはありません。
相手の体をゆっくりとした繊細なタッチで手や、口などで愛撫をして快感をお互いに与えあいながら、ゆっくり時間をかけて行います。
むしろ挿入・射精にこだわる必要はなく、お互いの存在やつながりを大切にしながら、二人の一番良いと思うタイミングですべてを行う、というところにスローセックスの特徴があります。簡単に終わらせないために、お互いにオーガズムに達するときの70%くらいの快感で止めておく、というテクニックもあるようです。

愛を深めるために、どのカップルにもおすすめ!

スローセックスはラブラブなカップルにはもちろん、少しセックスはご無沙汰、という倦怠期のカップルや中年期以降のカップルにもおすすめできます。また、性交渉の経験が少なく、恐怖感の強い女性がパートナーである場合にも適しているといえるでしょう。