いま、ネット市場は飽和しつつある──2015年版インターネットレポート

写真拡大

有名アナリストのメアリー・ミーカーが、毎年恒例のレポート「Internet Trends」の2015年版を出した。20年間にわたるウェブの利用の仕方の、構造的変化を反映した内容となっている。

「いま、ネット市場は飽和しつつある──2015年版インターネットレポート」の写真・リンク付きの記事はこちら

モルガン・スタンレーのアナリストを長年務め、その後ヴェンチャー投資家に転身したメアリー・ミーカーは5月27日(米国時間)、恒例となっている「Internet Trends」レポートの2015年版を発表した。

ミーカーが毎年出しているこのレポートは、業界に大きな影響を及ぼすものだ。20回目となった今年のレポートは、全部で197枚のスライドで構成されており、過去20年に渡るわれわれのウェブの使い方の、構造的変化を反映した内容となった。

(関連記事)ドミニク・チェン特別寄稿 インターネットの未来は、「監視」から「協働」へ

レポートによると、インターネットユーザーの増加は、始まりは爆発的な勢いだったが、ついに鈍化が始まったという。世界のインターネットユーザー数は、2013年が前年比の10パーセント増だったのに対し、2014年は8パーセント増に留まっている。同様に、新たにスマートフォンを購入した人の割合も、2013年の27パーセント増に対し、2014年は23パーセント増と落ちている。

どちらのデータも、こうした市場がすでに成熟しており、飽和状態に近づいていることを示すものだ。最大の可能性を秘めているのは中国のような発展途上国の市場だという。

「モバイル+動画」

トラフィックの内容では、動画の増加が著しい。2014年のインターネット・トラフィックの64パーセント、モバイル・トラフィックの55パーセントを動画が占めていたという。特にFacebookには現在、高度に進化した動画サーヴィスがあり、1日に40億ヴューを獲得しているとミーカーは指摘する。

なお、IT企業のCiscoが同日に出した年次報告書にも、同じようなことが書かれている。「今後5年で、インターネット全体の80パーセントがオンライン動画になる」と予測しているのだ。

さらにミーカーは、「WhatsApp」「WeChat」「Facebook Messenger」「Kakao」「Snapchat」のような人気のメッセージング・アプリが、メッセージのやり取りだけを目的としたアプリから、世界のコミュニケーションの中心地へと進化していく可能性があると指摘している。Facebookのアプリ上で、フィードに表示されたニュースを読むことのできる新サーヴィス「Instant Articles」(日本語版記事)の登場は、そうした変化の始まりかもしれない。

オンデマンド・エコノミーとミレニアル世代

配車サーヴィスの「Uber」や「Lyft」のような先駆者たちに牽引されるかたちで、オンデマンド・エコノミーが成長している。こうしたサーヴィスの人気が、労働人口におけるフリーランサー(自由契約者)の増加を促してきた。さまざまなメリットのなかでも特に、スケジュールを柔軟に組めるという魅力がこの動きに拍車をかけている。

ある調査によると、企業の採用担当責任者の80パーセントは、2000年以降に成人を迎えたミレニアル世代は、1961年から1981年までの20年間に生まれたX世代と比べると自己陶酔的な傾向が強い、とミーカーは紹介している。一方で、ミレニアル世代はX世代よりクリエイティヴで、変化を受け入れやすい傾向があるという。

TAG

InternetTrendsMaryMeekerMillennium GenerationSharing EconomyUberWIRED US