WaterRun(C)2015

写真拡大

水風船10万個を投げ合うイベント「ウォーターランフェスティバル2015」が、8月1日(土)の東京開催を皮切りに、名古屋・大阪・九州・沖縄の各会場にて、順次行われる。

【日本初の水かけ祭り「ウォーターラン」で水風船10万個! ルールは「絶対怒っちゃダメ」の画像・動画をすべて見る】

全開催地共通コンテンツとして、水風船を投げ合う「ウォーターバルーンファイト」と、ランニングしながら水鉄砲で戦う「ウォーターバトル」を楽しむことができる。ほかに開催地別のイベントも含め、最大5コンテンツが実施される予定。

大量の水風船が空中を飛び交う!


WaterRun(c)2015

WaterRun(c)2015


WaterRun(c)2015

WaterRun(c)2015



「ウォーターランフェスティバル」は、タイの水かけ祭り「ソンクラーンフェスティバル」をテーマにしたランニングフェスイベント。

これまで、日本でも光やカラーパウダー、泡など、様々なものにまみれながら走るイベントが開催されているが、「水風船10万個が空中を飛び交う」イベントは、今回が日本初開催となる。

参加するならピースフルな紳士・淑女であれ


WaterRun(c)2015

WaterRun(c)2015



全開催地共通コンテンツの「ウォーターバルーンファイト」は、号令とともに一斉に水風船を投げあうというもの。バケツサイズの水風船も含め、数万個の水風船が飛び交うようだ。

「ウォーターバトル」では、ランニングをしながら、持参した水鉄砲を使用して、15mから20m先の相手に水を発射するコンテンツ。どれだけ水をかけられても「怒ってはいけない」というのが大前提だ。

WaterRun(c)2015

WaterRun(c)2015



ほかにも開催地ごとの限定イベントとして、「超特大プールゾーン」や俊足ゾンビに水をかけて逃げ切る「ゾンビゾーン」、野球の祝勝会などでおなじみの「ビール掛けゾーン」、B級グルメが集まる「グルメゾーン」、野外フェス顔負けの「DJステージ」などが用意されている。

イベントを盛り上げるアーティストやDJのほか、開催日などの詳しい情報は、今後発表されるとのこと。

WaterRun(c)2015

WaterRun(c)2015