ダイエットに夢中になるあまり、栄養バランスが乱れていませんか?三食きちんと食べてカロリーは足りているのに、体の維持に必要なビタミン、ミネラル、たんぱく質が不足する“新型栄養失調”が問題になっています。中高年に多い新型栄養失調ですが、ダイエットにはまっている人も要注意です。

いま増えている“新型栄養失調”とはどんな状態か?

新型栄養失調とは、きちんと食べてカロリーは足りているのに、ビタミンやミネラル、たんぱく質が不足して栄養失調に陥っている状態です。中高年は食べ過ぎを気にして、肉類や卵を避けることが多く、たんぱく質が不足する傾向にあります。若年層ではコンビニ弁当などに頼ってしまうことも多く、ビタミンやミネラルが不足して新型栄養失調になります。また、過度なダイエットやひとつの食品だけ食べるダイエットなどでも、栄養バランスが崩れて新型栄養失調になります。

“新型栄養失調”になるとどうなるの?

タンパク質は筋肉や血液を作るために必要不可欠な栄養素です。新型栄養失調でたんぱく質が不足した場合、貧血や結核、肺炎などの病気だけでなく、骨折などにもつながってしまいます。ビタミンやミネラルが不足すると、免疫力の低下につながり、風邪をひきやすい、疲れやすいなどの症状が表われます。ビタミンやミネラルは、体の若々しさを保つ栄養素でもあるので、それが不足することで体の老化が急速に進み、実年齢よりも老けて見られることにもなってしまいます。

要チェック! こんな症状は“新型栄養失調”を疑って!

以下の項目であてはまるものがあれば、新型栄養失調かもしれません。チェックしてみましょう。

風邪をひきやすいめまい、息切れ、立ちくらみなどの貧血症状がある口内炎ができやすい気持ちが沈みがちでイライラしやすい食べ物の好みが変わったり、味が分かりにくくなった体が低栄養かどうかは、健康診断の結果からも分かります。血液中のアルブミンの量を確認して3.7g/dl以下なら、低栄養の状態です。“新型栄養失調”を招くダイエットには気を付けて

新型栄養失調は、ひとことで言うとたんぱく質が不足している状態です。ダイエットに夢中になるあまり、生野菜のサラダばっかり食べていませんか? ダイエットの食事制限でお腹が空いて、ついついお菓子を食べてしまうという方も新型栄養失調予備軍です。また、ひとつのものばっかり食べるダイエットでは、栄養バランスを崩してしまいます。ダイエットをする時は、カロリーだけを見るのではなく、全体の栄養バランスを考えて健康的に痩せましょう!


writer:岩田かほり