高嶺の花、エリートの乗り物として美女からも人気が高い輸入車、いわゆるガイシャ。ワーゲンとベンツ、意外に安くて高級感漂う輸入車について、これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(53)が評価した。

 * * *
 日本で一番売れているガイシャと言えば、フォルクスワーゲン・ゴルフだ。価格は264万円からと、ガイシャとしてはかなり手頃。トヨタ・プリウス(223万〜344万円)と同じくらいだから、決して手の届かない存在ではない。

 現在の7代目ゴルフは、カーマニアの間で恐ろしく評価が高い。いったい何がそんなにいいのか?

 ズバリ、高級感である。

 走り出してすぐにわかる滑らかさ。タイヤの転がり感を始め、ハンドルの動き、手応え、アクセルに対するエンジンの反応、ブレーキの踏み応え。すべてが滑らかだ。ドイツが世界に誇る工作精度の高さに、「これがドイツ車か!」と唸るしかない。

 つい、ティーガー戦車や世界初のジェット戦闘機など、ナチス・ドイツの秘密兵器を思い起こしてひれ伏したくなる私は、ミリタリーマニアでもある。

 安全装備もパーフェクトに近い。いわゆる「ぶつからないクルマ」の自動ブレーキは全グレード標準装備。そろそろ動体視力が怪しくなっている我々としては無視できないポイントだ。

 もちろん助手席の美女は、ハンドルやアクセルを操作しないし、「自動ブレーキがあるからオッサンでも安心だわ」なんてことまで考えないが、乗ればきっと「なんとなく高級!」と、プラス評価してくれるだろう。

 インテリアの高級感もすばらしい。もはやベンツやBMWと比較してもあまり差は感じない。

 唯一の弱点は、見た目がいかにもマジメなこと。遊び慣れた感じが薄いのである。「美女と温泉ドライブ」を最終目標に掲げる我々にとって、そこは懸念材料だ。

 ならば思い切って、メルセデスベンツ・Aクラスという手もある。「ベンツなんてとても……」と思われるかもしれないが、最安グレードのA 180なら298万円から。プリウスにはもっと高いグレードもあるのだから、同じくらいの予算でベンツが買えれば安いものではないか?

 走りはさすがベンツ。乗り心地のほのかな別格感に、ドイツ秘密兵器の血脈を感じさせる。

 Aクラスも、ボディカラーが白やシルバーだとやや堅実なイメージだが、ワルな雰囲気のある黒あたりを選べばインパクトは大。人生が変わるかもしれない。

■清水草一:編集者を経て、フリーライターに。「自動車を明るく楽しく論じる」がモットーの53歳。現在、フェラーリ・458イタリア、BMW・335iカブリオレ、トヨタ・アクアを所有。日本文藝家協会会員。

※週刊ポスト2015年6月12日号